« 書評 熊谷高幸 著『自閉症と感覚過敏』@讀賣新聞2017年4月2日付書評欄 | トップページ | 新刊 李光鎬・渋谷明子『メディア・オーディエンスの社会心理学』 »

2017年4月 3日 (月)

新刊 倉田剛『現代存在論講義 I』

9784788515185

倉田剛 著

現代存在論講義 I
――ファンダメンタルズ

A5判並製202頁
定価:本体2200円+税
発売日 17.4.7

ISBN 978-4-7885-1518-5

見本出来ました。
4月7日ごろ書店に並びます。

あとがき

本書を構想してから何とか出版にこぎつけるまで8年以上の歳月を要してしまった。われながら自分の怠惰さと要領の悪さに呆れる限りである。この間、公私ともに様々なことがあった。他の誰よりも、自らの大切な仕事を犠牲にしてまで私を支えてくれた妻の陽子に感謝したい。彼女がいなければ、本を書くどころか日常生活もおぼつかなかったことだろう。今年で4歳になる息子の正剛が日々成長していく姿にも大きく支えられた。本書の執筆のため、休日ですら一緒に過ごす時間を十分に確保できなかったことを申し訳なく思っている。また、人と比べてかなり長い学生生活を送った私をあらゆる意味で支援してくれた父と母にも感謝の言葉を述べたい。私は自分の息子に同じだけのことをしてあげられるだろうか。そのように自問させるほど両親は放埓な私に寛容であった。

 本書の草稿を作成するにあたって様々な人に迷惑を掛けた。とりわけ『ワードマップ現代形而上学』(新曜社、2014年)の共著者である鈴木生郎さん、谷川卓さん、秋葉剛史さんの三氏は、私が学会等で上京するたびに、草稿の検討会に付き合ってくれた。彼らは年齢という面では「後輩」の研究者であるが、私など

・・・・・・

《もっと読む 現代存在論講義 I あとがき》

|

« 書評 熊谷高幸 著『自閉症と感覚過敏』@讀賣新聞2017年4月2日付書評欄 | トップページ | 新刊 李光鎬・渋谷明子『メディア・オーディエンスの社会心理学』 »

新刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/65102833

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊 倉田剛『現代存在論講義 I』:

« 書評 熊谷高幸 著『自閉症と感覚過敏』@讀賣新聞2017年4月2日付書評欄 | トップページ | 新刊 李光鎬・渋谷明子『メディア・オーディエンスの社会心理学』 »