« 新刊  日本質的心理学会『質的心理学研究 第16号』 | トップページ | 記事 悲愛@朝日新聞・宮城版 2017年3月23日 »

2017年3月21日 (火)

新刊 アラン・M・スレーター、ポール・C・クイン『発達心理学・再入門』

9784788515215

アラン・M・スレーター、ポール・C・クイン 編
加藤弘通・川田学・伊藤崇 監訳

発達心理学・再入門
――ブレークスルーを生んだ14の研究

A5判並製292頁
定価:本体2900円+税
発売日 17.3.25

ISBN 978-4-7885-1521-5

見本出来ました。
4月3日ごろ書店に並びます。

訳者あとがき

本書は、Slater, A. M. & Quinn, P. C., (2012) Developmental Psychology Revisiting the Classic Studies, SAGE の全訳である。
 編者の「はじめに」によれば、ここで取り上げられる古典的な研究は、「発達心理学のなかで誰もが知っているもの」である。しかし、正直に告白すれば、監訳者のひとりである私にとっては、本書を通してはじめて知る研究もあった。自分自身の視野の狭さに恥じ入るとともに、さらに心理学を学ぶ、学生・大学院生まで広げて考えたとき、この「誰もが知っている」という常識はどの程度あてはまるだろうか。

 じっくり研究するよりも早く論文を書くことが求められる現状においては、学生・院生に限らず、現役の研究者まで、ますます他分野の、しかも古典にまで目を向ける余裕はもちにくくなっている。しかしその一方で、一見、関係ないと思われる他分野での理論や知見が、また最先端だけではなく、源流に戻って考えることが、

・・・・・・

《もっと読む 発達心理学・再入門 訳者あとがき》

|

« 新刊  日本質的心理学会『質的心理学研究 第16号』 | トップページ | 記事 悲愛@朝日新聞・宮城版 2017年3月23日 »

新刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/65047511

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊 アラン・M・スレーター、ポール・C・クイン『発達心理学・再入門』:

« 新刊  日本質的心理学会『質的心理学研究 第16号』 | トップページ | 記事 悲愛@朝日新聞・宮城版 2017年3月23日 »