« 2017年2月 | トップページ

2017年3月

2017年3月23日 (木)

高橋利枝著『デジタル・ウィズダムの時代へ』「テレコム社会科学賞」受賞

高橋利枝著ジタル・ウィズダムの時代へ』(弊社刊)が

公益財団法人電気通信普及財団・「第32回電気通信普及財団賞・テレコム社会科学賞」を受賞しました! 贈呈式は3月24日(金)

詳細は公益財団法人電気通信普及財団ニュースリリース(PDFファイル)
            

   
      
         
   
 
      
   
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

記事 悲愛@朝日新聞・宮城版 2017年3月23日

「震災 亡き人への思い 手紙に刻む」
金菱清〔ゼミナール)編・東北学院大学震災の記録プロジェクト『悲愛』が、朝日新聞・宮城版2017年3月23日付の記事に掲載されました。記事は石橋英昭氏。

同記事は朝日新聞デジタル版にも掲載されております→

宮城)夢で会いたい…3・11 拝啓、あの日のあなたへ

震災で失った大切なひとに宛てて書いた手紙を集めた本が、3月11日に出版された。書名は「悲愛」(金菱(かねびし)清編、新曜社)。

 高橋匡美さん(51)は、石巻市に住んでいた両親を亡くした。「死後の世界なんてない」と思ってきたから、手紙を書こうにも、最初は筆が進まなかった。

 ねえ、お母さん。人は死んだらどうなるのですか?「ご両親が見守ってくれているよ」というけれど、それは、どこで?

 だから、この手紙を書き上げた…

9784788515154金菱清〔ゼミナール)編

東北学院大学震災の記録プロジェクト

悲愛
――あの日のあなたへ手紙をつづる

四六判変形上製240頁
定価:本体2000円+税
発売日 17.3.11

ISBN 978-4-7885-1515-4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月21日 (火)

新刊 アラン・M・スレーター、ポール・C・クイン『発達心理学・再入門』

9784788515215

アラン・M・スレーター、ポール・C・クイン 編
加藤弘通・川田学・伊藤崇 監訳

発達心理学・再入門
――ブレークスルーを生んだ14の研究

A5判並製292頁
定価:本体2900円+税
発売日 17.3.25

ISBN 978-4-7885-1521-5

見本出来ました。
4月3日ごろ書店に並びます。

訳者あとがき

本書は、Slater, A. M. & Quinn, P. C., (2012) Developmental Psychology Revisiting the Classic Studies, SAGE の全訳である。
 編者の「はじめに」によれば、ここで取り上げられる古典的な研究は、「発達心理学のなかで誰もが知っているもの」である。しかし、正直に告白すれば、監訳者のひとりである私にとっては、本書を通してはじめて知る研究もあった。自分自身の視野の狭さに恥じ入るとともに、さらに心理学を学ぶ、学生・大学院生まで広げて考えたとき、この「誰もが知っている」という常識はどの程度あてはまるだろうか。

 じっくり研究するよりも早く論文を書くことが求められる現状においては、学生・院生に限らず、現役の研究者まで、ますます他分野の、しかも古典にまで目を向ける余裕はもちにくくなっている。しかしその一方で、一見、関係ないと思われる他分野での理論や知見が、また最先端だけではなく、源流に戻って考えることが、

・・・・・・

《もっと読む 発達心理学・再入門 訳者あとがき》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月17日 (金)

新刊  日本質的心理学会『質的心理学研究 第16号』

9784788515109

日本質的心理学会 編

質的心理学研究 第16号
――特集 質的研究における映像の可能性

B5判並製252頁
定価:本体3000円+税
発売日 17.3.20

ISBN 978-4-7885-1510-9

見本出来ました。
3月23日ごろ書店に並びます。

巻頭言

あらためて,対話の力
  『質的心理学研究』第16号が無事刊行の運びとなった。2002年に第1号が創刊されて以来,質的心理学ないし質的研究は着実に裾野を広げている。『質的心理学研究』へ投稿される論文も,投稿数に大きな変化はないが,分野やテーマの幅が拡がっているように感じる。編集委員会の側でも,なるべく多様な専門性をもつ編集委員がそろうよう努力している。

 質的心理学はまだ若い分野であり,新たな視点や方法を模索し創発することを重視している。一般に,新たな視点や方法の創発には,異質な者同士の対話が重要である。心理学(これ自体,広範な多様性を内包する分野だが)に限らず多くの分野や領域を横断する質的心理学は,そのような条件に恵まれているといってよい。実際,日本質的心理学会は設立以来,そのような対話の重要性を強調してきた。  そのような対話の場として重要なのが,毎年開催される大会であることは

・・・・・・

《もっと読む 質的心理学研究 第16号 巻頭言》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月16日 (木)

◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第168号■

2017年3月9日発行
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第168号■

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


◇トピックス
____________________________
●書評/紹介

2017年3月7日、テレビ東京「Newsモーニングサテライト」の 
「リーダーの栞」にて、JAL・大西賢(まさる)会長 に、D.ノーマン
著『エモーショナル・デザイン』をお取りあげいただきました。 http://shin-yo-sha.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/post-9d29.html 昨年出版致しました『霊性の震災学』、讀賣新聞 3月7日付に関連記事
「震災6年 文化でつなぐ(中)」が掲載されました。3月11日には関連書
『悲愛』も刊行されます。 http://shin-yo-sha.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/376-8a42.html 『悲愛』 http://shin-yo-sha.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/post-d8b0.html 山本武利著『日本のインテリジェンス工作』、著者インタビュー
「今週の本棚 本と人」が、「毎日新聞」2017年1月12日に掲載されました。
評者は岸俊光氏。 http://shin-yo-sha.cocolog-nifty.com/blog/2017/02/2017212-51d5.html ___________________________ ◇近刊情報 ___________________________ 3月中旬発売予定 ------------------------------------------------------ 『質的心理学研究 第16号』 ──特集 質的研究における映像の可能性 ------------------------------------------------------ 日本質的心理学会 編 B5判並製252頁・本体3000円+税 ISBN 978-4-7885-1510-9  C1011 分野=心理学 映像は質的研究をどう変えるのか 調査分析に使われる機材の飛躍的な進歩は質的研究に革新をもたらしました。
映像の活用が急速に広がりを見せるなか、映像から質的なるものをどのよう
にすくいあげ、議論の俎上にのせるのか、その本質的な問いへの挑戦が続い
ています。本特集では、映像のもつ力を媒介に現実に鋭く切り込んでゆく魅
力的な論考が5本そろいました。いずれも質的研究と映像との関わりを深く
考えさせられる力作です。書評特集では、ダイナミックに移りゆく映像と質
的研究との関係を問い直します。そのほか、読み応えのある一般論文6本を
収載しました。 質的心理学研究バックナンバー http://www.shin-yo-sha.co.jp/qualitative_psycho.htm 3月下発売予定 ------------------------------------------------------ 『発達心理学・再入門』 ──ブレークスルーを生んだ14の研究 ------------------------------------------------------ アラン・M・スレーター、ポール・C・クイン 編 加藤弘通・川田学・伊藤崇 監訳 A5判並製292頁・予価3200円+税 ISBN  978-4-7885-1521-5 C1011 分野=発達心理学 現在も大きな影響を与えている発達心理学の古典を精選! 長い発達心理学の歴史のなかでも、「古典」と認められる研究はわずかです。
古典とは、学問の形成に貢献し、今でも大きな影響を与え続けている研究で
す。現在の最先端の研究も、古典的な研究の発展の上にあります。ですから、
古典をきちんと理解することが重要です。しかし本書は、単なる古典の紹介
ではありません。それがどのように登場し、批判され、現在、どのように乗
り越えられようとしているのか、またその過程で現象に対する私たちの認識
がどのように広がったのかについても、周到に論じています。旧きを学んで
新しきを知る、これまでありそうでなかった発達心理学の学生・研究者必携
の入門書です。 3月下旬発売予定 人はメディアとどう関わり、どう影響を受けてきたか ------------------------------------------------------ 『メディア・オーディエンスの社会心理学』 ── ------------------------------------------------------ 李光鎬・渋谷明子 編著  鈴木万希枝・李津娥・志岐裕子 著 A5判並製400頁・予価3000円+税 ISBN  978-4-7885-1517-8 C1011 分野=社会心理学・メディア 毎朝家で新聞を読み、毎晩テレビでニュースを観る時代から、スマホのアプ
リでニュースを読む時代へ──メディア環境の急激な変化は私たちに何をも
たらすのでしょうか。オーディエンスのメディア利用行動やコミュニケーシ
ョン行動等に関する社会心理学的な代表的研究・古典的研究を体系的にまと
めて紹介する、これまでになかったテキスト登場。興味深いトピック、方法
論的な知識に関するコラムや演習問題付き。社会心理学・メディア論・コミ
ュニケーション論を初めて学ぶ人から、メディアと人の関わりをより深く理
解したい人まで。 3月下旬発売予定 ------------------------------------------------------ 情報通信技術は環境だ! 『第四の革命』 ──情報圏(インフォスフィア)が現実をつくりかえる ------------------------------------------------------ ルチアーノ・フロリディ 著 春木良且・犬束敦史監訳/先端社会科学技術研究所訳 四六判上製376頁・予価3400円+税 ISBN  978-4-7885-1522-2 C1004 分野=情報社会・哲学 モノのインターネット、スマホ、人工知能、無人自動車、サイバー戦争……
デジタルICT(情報通信技術)が、単なるツールを超えて私たちの現実を
つくりかえつつあります。渦中にあるためとらえにくいですが、私たちは広
範な文化的革命の始まりを目撃しているのです。それは大きな可能性とリス
クをもっています。ICTが個人、社会、世界、環境に与える影響を予測し、
制御し、経済や社会、政治的なダイナミクスを向上させるために、今起こり
つつある根底からの変化を読み解く、新しい概念と哲学が求められています。
私たちが直面する新たな困難に意味づけを与え、適切な知的枠組みを開発す
るための、情報の哲学です。本書はその試みです。人間はコペルニクス革命
によって宇宙の中心ではなくなり、ダーウィン革命によって特別な種ではな
くなり、フロイト革命によって自らの主人でもなくなりました。そして第四
の情報革命は、人間をどこに導くのでしょうか? 3月下旬発売予定 ------------------------------------------------------ 『不協和音の宇宙』 ──モンテスキューの社会学 ------------------------------------------------------ 中江桂子 著 A5判上製320頁・本体3900円+税 ISBN 978-4-7885-1520-8 C1036 分野=社会思想・現代思想 世界はもっと多様で、自由だ! モンテスキューは三権分立を提唱し、『法の精神』などで知られるフランス
啓蒙期の法思想家です。しかし、理性的なものを普遍的価値としあがめる
〈近代〉を形づくった啓蒙主義全盛の時代に、彼は『ペルシャ人の手紙』
『グニードの寺院』などで、広く世界に目を向けて、多様な報告をし、
「世界はもっと多様で、自由だ」と主張しました。日常生活や異文化からの
雑音・不協和音こそが自由をもたらすと考えたのです。本書は、コント、デ
ィドロ、ヴォルテールなどの啓蒙思想家に対して、具体的で猥雑なものを通
じて世界の多様性を主張した、モンテスキューの社会学者としての側面を掬
い上げ、その魅力を示すことで、グローバル化が進み、単一の価値、同一性、
競争などが優先される「不寛容な」現代社会に、「もう一つの真実」を示そ
うとする意欲作です。 3月下旬発売予定 ------------------------------------------------------ 『現代存在論講義 I』 ──ファンダメンタルズ ------------------------------------------------------ 倉田剛 著 A5判並製192頁・本体2200円+税 ISBN 978-4-7885-1518-5 C1010 分野=哲学・思想 哲学の究極の問いに挑む 世界にはいったい何が存在するのか。この哲学を代表する問いを扱う存在論
は、いまや躍進を遂げています。古代・中世にあっては思弁と自然言葉を頼
りに進められていた存在論ですが、現代では論理学を武器とすることで、高
度に抽象的な概念を明晰に扱うことに成功し、工学などの分野にも影響を与
えるような熱気のある学問へと新生しているのです。学生と教員との対話を
織り交ぜ、存在論初心者から哲学愛好家まで、存在論の最先端へと招待する
待望の本格教科書の登場です。著者は九州大学文学部准教授。

(II巻は4月下旬刊行予定) 3月下旬発売予定 ------------------------------------------------------ 『展示される大和魂』 ──〈国民精神〉の系譜 ------------------------------------------------------ 森正人 著 四六判並製274頁・本体2800円+税 ISBN 978-4-7885-1519-2 C1036 分野=社会学・歴史学・思想史 大和魂は何に宿るのか 「日本人は勤勉で器用で献身的で……」などと国民性を強調する本や番組が
増えています。とりわけ精神面を賛美する概念が「大和魂」でしょう。この
言葉はときにナショナリズム批判の観点から否定されますが、モノやヒトを
もって例示され、それが快楽として受容されることで広がりを持ったという
歴史は無視できません。単純な否定ではなく、明治から現代までの偉人イメ
ージ、展覧会、史跡、イベント、映画といった具体的な現れをつぶさに見る
ことで、国民精神がいかに語られ、提示され、そして楽しまれてきたかを追
います。政治的立場にかかわらず重要となる、国民アイデンティティの再考
の試みです。 4月上旬発売予定 ------------------------------------------------------ 『社会学ドリル』 ──この理不尽な世界の片隅で ------------------------------------------------------ 中村英代 著 A5判並製208頁・予価1900円+税 ISBN 978-4-7885-1516-1 C1036 分野=社会学 軽やかな社会学練習帳! 初学者向けの清新な社会学テキストをお届けします。本書の目的は、身近な
社会現象を学び「社会学的思考力」をマスターすること。特徴は第一に、学
生の関心が断然高い「貧困と格差」「恋愛と結婚」「ジェンダー」をしっか
りカバーしていること、第二に「生きづらさ」に重点をおき「摂食障害とか
らだ」「依存症の世界」「医療」「構築主義と心理療法」など臨床社会学の
新しい知見を取り入れていること。第三に、半期の講義に対応した13章構成
とし、毎回「問題を解く練習帳」を兼ねて各章20個前後の空欄に解答を書き
込んで学ぶワークブック形式であること(解答は著者のサイトに掲載)。実
践的な「レポートの書き方」も必見、新しい学びの風を呼び込むでしょう。
おしゃれな装丁とキリッとしたシンボルマークが魅力的な本書は、社会科学
系、看護・福祉系学部の社会学講義のテキストに最適です。 ___________________________ ◇奥付 ___________________________

□電子メールマガジン:「新曜社<新刊の御案内> 」(不定期発行) □HPアドレス http://www.shin-yo-sha.co.jp/ □blog:新曜社通信 http://shin-yo-sha.cocolog-nifty.com/ □twitterもよろしく:http://twitter.com/shin_yo_sha □このメルマガは『まぐまぐ』を利用して発行しています。 □購読・解除・変更手続きは http://www.mag2.com/ より行って下さい。 □掲載された内容を許可無く転載することを禁じます。 □発行:株式会社新曜社 営業部 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-9 第一丸三ビル 電話  03(3264)4973(代) FAX 03(3239)2958 e-mail info@shin-yo-sha.co.jp ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 次回発行は2017年4月中旬を予定しております

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月12日 (日)

書評 金菱 清 編『悲愛』@読売新聞 2017/3/12付

「あふれる被災地の肉声」

金菱清〔ゼミナール)編・東北学院大学震災の記録プロジェクト 悲愛
の書評が、読売新聞 2017/3/12付書評欄 にて紹介されました。評者は土方正志氏(出版社「荒蝦夷」代表)。
評者の先生、掲載紙ご担当者様、ありがとうございます。心よりお礼申しあげます。

・・・・・・本書には「失われたもの」たちへの残されたものたちからの手紙、三十一通が収録されている。逝ってしまった家族への、消えてしまった住みなれた町への、流されてしまった愛犬への、そして特別な「あの人」への手紙である。書き手のひとりに、私の知る人もいた。逝ってしまった家族への、二人称の呼びかけが胸を抉る。訥々とした静かな筆致からなおさらに、絶叫が、絶唱が聞こえる。書き手の心が叫んでいる。なぜ、と。

宮城県仙台市の東北学院大学の金菱清教授(社会学)が学生たちと進める〈東北学院大学震災の記録プロジェクト〉の一冊である。昨年は、被災地で語られる「タクシー幽霊」のレポートが話題になった『呼び覚まされる霊性の震災学』が出ている。どれも被災地に暮らす私たちの肉声が溢れて、ざわめきを鎮められずにいるのが独りではないのを伝えてくれる。

さらに願わくは、本書を東北被災地の外に暮らす人たちにこそ手に取ってもらえれば、本書から東北の「いま」を生きる私たちの肉声を聞き取っていただければ。「復興」とやらの本質は、目に見えるモノにではなく、おそらくはそこに生きる人たちの内奥にこそあるのだから・・・・・・
・・・・・・

9784788515154

金菱清〔ゼミナール)編
東北学院大学震災の記録プロジェクト

悲愛
――あの日のあなたへ手紙をつづる

四六判変形上製240頁
定価:本体2000円+税
発売日 17.3.11

ISBN 978-4-7885-1515-4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紹介 金菱 清 編『悲愛』@天声人語・朝日新聞 2017/3/12付

金菱清〔ゼミナール)編・東北学院大学震災の記録プロジェクト 悲愛
が、朝日新聞「天声人語」 2017/3/12付 にて紹介されました。
「天声人語」筆者の方、掲載紙ご担当者様には深くお礼申しあげます。ありがとうございました。

「ママがそばにいなくて寂しくないですか? お友達とは仲良く遊んでいますか? ちゃんとご飯は食べていますか?」。6歳で命を落とした娘に向け母親が書いた手紙である。「夢の中でもいいので会いたいです、抱きしめたいです……」

東日本大震災の記録として金菱清・東北学院大学教授が編んだ近刊『悲愛』は、愛する人たちへの手紙を集めている。夫の仏壇に毎日話しかける理由を妻が書く。そうしないと、将来しわくちゃの顔で会った時に「お前は誰だ」と言われそうだからと

「私達がここで笑ってる時はきっとアナタも上で一緒に笑ってるんでしょ」とは、姉が妹に贈る言葉だ。震災から6年。残された人たちには、喪失や悼みと向き合う時間とどまることなく流れている・・・・・・

・・・・・・




9784788515154

金菱清〔ゼミナール)編
東北学院大学震災の記録プロジェクト

悲愛
――あの日のあなたへ手紙をつづる

四六判変形上製240頁
定価:本体2000円+税
発売日 17.3.11

ISBN 978-4-7885-1515-4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 8日 (水)

紹介 D.ノーマン 『エモーショナル・デザイン』@「リーダーの栞」

2017年3月7日、テレビ東京「Newsモーニングサテライト」の 「リーダーの栞」にて、JAL・大西賢(まさる)会長 に、ドン・ノーマン著『エモーショナル・デザイン』をお取りあげいただきました。午前5時前の番組ですので、どれだけの反応があるか分からなかったのですが、一時Amazonで40位までいったとのこと。

番組の様子はコチラで見ることができます。
TVTOKYO「【リーダーの栞】日本航空 大西会長」

「表紙にまずドキッとする」「魅力的なもののほうがうまくいく」と本書を要約いただき、感情やインスピレーション>ロジック。そこに商品開発のヒントがあることとブランド力を高めること、サービスの品質を更に高めていくことと関係づけて、お話しいただきました。物事を理詰めで考えてしまう頭の固い人にお薦め。と、本のお薦めまでいただきました。

ご紹介いただきました大西会長、番組ご担当者さまには心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。


4788509210

D.A.ノーマン 著
岡本 明、安村通晃、伊賀聡一郎、上野晶子訳

エモーショナル・デザイン
――微笑を誘うモノたちのために
 

四六判上製378頁
定価:本体2900円+税
発売日 04.10.15
ISBN 978-4-7885-0921-4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 7日 (火)

『霊性の震災学』、讀賣新聞3月7日付に関連記事「震災6年 文化でつなぐ(中)」

昨年出版致しました『霊性の震災学、讀賣新聞 3月7日付に関連記事「震災6年 文化でつなぐ(中)」が掲載されました。記事は文化部 待田晋哉氏。記事ご担当者様にお礼申し上げます。


大学生とは、こんなによく笑うものか。東北学院大の金菱清教授と3年生のゼミ生に、宮城県中部にある七ヶ浜町の海岸を歩いてもらった。就職活動が不安などと言いながら、集まれば自然と楽しい雰囲気になる。
東日本大震災と地域のかかわりを学ぶ彼らは、多くが1995年-96年の生まれだ。同町に住む赤間由佳さん(21)は中学の卒業式後に被災した。小高い場所にある自宅の窓から、津波でほかの家が流されるのを見た。祖父を亡くし、母は時々、口数が少なくなる。
「おじいちゃんには、生きているときと同じように、母に大丈夫だよと声をかけてほしい」
笑顔の奥で、願っている。

社会学を専攻する金菱教授は震災直後から学生と各地の調査を続けている。被災地の霊的な現象にも着目し、昨年の『霊性の震災学』は硬い内容にもかかわらず1万8000部刊行された。被災地では、不思議な現象がよく見聞きされ、うわさ話やネットなどを通じて広がっているという。金菱ゼミの学生は実際に、県内のタクシー運転手に聞き取り調査を行った。

コートを着た女性を乗せたら、「私は死んだのですか」と言われた。夏に真冬の恰好をした一人ぼっちの女の子を乗せた――など、様々な証言が出た。「誰かに話してうそだと言われると、悪気のない彼ら(霊魂)を傷つけるかもしれない」と秘密にする例もあった。

赤間さんも先輩の調査を引き継ぎ、地域による目撃談の頻度の差などを研究している。「高校のとき『あそこ出るらしいよ』とうわさ話をされ、嫌な気がした。でも聞き取りを続けるうち、霊にも思いがあるはずだし、否定的に捉えたくないと感じ始めた」と話す。

金菱教授は、「多くの人が突然亡くなった出来事は、簡単に心の中で整理できない。命を失った人が『この世』から『あの世』へ行ったと思うより、霊的な存在を感じ、未整理にした方が良いこともある」と語る。「社会学は避難所の住民など一定の集団からデータを取り、調査するのは得意。でも、心の問題など押さえきれていない分野がある」

・・・・・・

・・・・・・

突然に絶たれた多くの命や無念の思いをいかに受け止め、未来につないでゆくか。東日本大震災から6年を迎え、人々の心をめぐる問題が重く、迫ってきている。


9784788514577

金菱清〔ゼミナール)編
東北学院大学震災の記録プロジェクト

呼び覚まされる霊性の震災学
――3.11 生と死のはざまで

四六判並製200頁
定価:本体2200円+税
発売日 16.1.20
ISBN 978-4-7885-1457-7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 6日 (月)

新刊 金菱清『悲愛』

9784788515154

金菱清〔ゼミナール)編
東北学院大学震災の記録プロジェクト

悲愛
――あの日のあなたへ手紙をつづる

四六判変形上製240頁
定価:本体2000円+税
発売日 17.3.11

ISBN 978-4-7885-1515-4

見本出来ました。
3月11日ごろ書店に並びます。

あとがき

 震災を経験した当事者でさえわからないことがある。本書はそれを言葉につづる試みである。

 言葉をつづる試みは今回が初めてではない。私たちは五年前の二〇一二年三月に『3・11慟哭の記録 71人が体感した大津波・原発・巨大地震』(新曜社)を世に送り出した。前回の方法は当事者の手記という形で、災害という事象についてひたすら「経験」としての言葉を書きつづったものである。今回の「亡き人への手紙プロジェクト」は、同じ言葉でもこれほどの違いがあるのかと思わせるほど、異なる世界観を開示したといえるかもしれない。

 前回は災害の体験を一人ひとりの身の丈にあった小さな出来事として、一人称で書きつづった記録である。それに対して、今回の手紙は、いずれも愛するものへの「呼びかけ」から始まる。

 私たちは二〇一六年、世間を驚かせたタクシードライバーの幽霊現象をはじめとして、『呼び覚まされる霊性の震災学 3・11生と死のはざまで』(新曜社)を通じて、それまで社会科学でタブー視されていた死者の問題を

・・・・・・

《もっと読む 悲愛 あとがき》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 3日 (金)

新刊 藤澤伸介『探究! 教育心理学の世界』

9784788515116

藤澤伸介 編

探究! 教育心理学の世界
――

A5判並製312頁
定価:本体2300円+税
発売日 17.3.7

ISBN 978-4-7885-1511-6

見本出来ました。
3月10日ごろ書店に並びます。

まえがき

編 者
【1】閉ざされた本と開かれた本

 学問の本には閉ざされた本と開かれた本がある。とはいっても表紙の話ではない。中身の話だ。重要事項だけがまとめてある本は、読んでも思考が限定されるので内容が閉ざされている本だ。これに対し、詳しい解説があって色々な問題意識をどんどん広げていける面白い本は、内容が開かれた本である。

 左の表に公認心理師とあるから、「資格取得に役立つ教材なら、必要最小限の努力で効率よく記憶できるように、学習項目を簡潔にまとめた受験用指南書だろう」と推測し、本書を閉ざされた本だと誤解した方もあるかもしれない。

 しかし、本書の編集方針はそれと真逆である。意味も十分に理解できないままに断片的知識を機械的に暗記して試験だけ乗り切っても、試験が終わればほとんどの記憶は消失して、暗記に費やした時間とエネルギーが

・・・・・・

《もっと読む 探究! 教育心理学の世界 まえがき》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ