« 2017年1月 | トップページ

2017年2月

2017年2月24日 (金)

新刊 村田周祐『空間紛争としての持続的スポーツツーリズム』

9784788515147

村田周祐 著

空間紛争としての持続的スポーツツーリズム
――持続的開発が語らない地域の生活誌

四六判上製240頁
定価:本体3600円+税
発売日 17.2.28

ISBN 978-4-7885-1514-7

見本出来ました。
3月6日ごろ書店に並びます。

はじめに

  かつて著者は、アジア式の水田技術を移転することによってアフリカの食糧問題や貧困問題を解決しようとする農村開発プロジェクトに参加していた。そのプロジェクト目標の根拠となったのが、アジア式水田の持続性と高い生産力である。これまでの熱帯雨林の焼畑に直播する陸稲栽培を、アジア式の水稲栽培(水田と育苗)へと移行させることは、連作障害を克服して熱帯雨林を保全し、世界規模のCO2排出量の減少に寄与する。さらに土地の生産力を格段に上昇させ、現地の食糧問題の解決にも寄与する。もっといえば、現地の消費量を超えた生産物を商品化することで現金収入を生み出して貧困問題にも寄与する。そんな「夢」のような農村開発であると計画実施された。少なくとも著者はそう信じて疑わなかった。ところが、実際に

・・・・・・

《もっと読む 空間紛争としての持続的スポーツツーリズム はじめに》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月21日 (火)

新刊 アラン・プラウト『これからの子ども社会学』

9784788515123

アラン・プラウト 著/元森絵里子 訳

これからの子ども社会学
――

四六判上製304頁
定価:本体3400円+税
発売日 17.2.20

ISBN 978-4-7885-1512-3

見本出来ました。
3月2日ごろ書店に並びます。

日本語版への序文

 『これからの子ども社会学(The Future of Childhood)』の初版を出版してから、10年以上経つ。本書は、子ども研究者たちに歓迎された。しかし、子ども社会研究にとって革新的で新しい方向性を示すものだったにもかかわらず、そのインパクトは、どちらかといえば控えめなものであったように思う。実際、一部には困惑や懐疑のムードすら感じられた。そういった人々は、「子ども社会研究」は疑いの余地なく成功しているのに、なぜこのような批判や明らかな方向転換によって台無しにされねばならないのか、と問うているようなのである。私の応答は常に、私が提案しているのは、新しい子ども社会研究の単純な意味での転倒ではなく、むしろその拡張や補強だというものである。もちろん、その意味するところも帰結もラディカルなものであるが。「子ども」は構築物であるとか、子どもは潜在的な行為者能力を持つ社会的行為者であるといった新しい子ども社会研究の鍵概念は、もちろん捨てていない。「子ども」を構築物として見る際に、

・・・・・・

《もっと読む これからの子ども社会学 日本語版への序文》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月16日 (木)

◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第167号■

2017年2月2日発行
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第167号■
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

◇トピックス
__________________________________

●書評/紹介

小熊英二著『単一民族神話の起源』(四六判・本体3800円)が新年1月3日朝日
新聞「我々はどこから来てどこへ向かうのか」の記事中で紹介されました。


本の紹介 読書アンケート特集@月刊「みすず」2017/1-2
『知識の社会史2』『映画と移民』ほかご紹介いただいております。

 http://shin-yo-sha.cocolog-nifty.com/blog/2017/02/20171-2-4056.html



_________________________________

◇近刊情報
_________________________________



2月下旬発売予定
------------------------------------------------------------------
『探究! 教育心理学の世界』
──
------------------------------------------------------------------

藤澤伸介 編
A5判並製312頁・本体2300円+税
ISBN 978-4-7885-1511-6  C1011
分野=教育心理学


知的好奇心に開かれたテキスト!

大学の授業でいかに教師が探究的活動を奨励しても、学生たちはなかなか発展
的な学習をしない傾向があるといいます。どうすれば知的好奇心を引き出し、
深い学びが身につくのでしょうか? 本書は『ごまかし勉強』で知られる編者
のもと各領域の第一人者が結集し、学問的な客観性と同時に、読み物としての
面白さや学習の意義が伝わる記述を心がけて作り上げた贅沢なテキストです。
大学の教職課程や公認心理師資格取得の教科書、研究者を目指す人にとっての
入門書、現職の教員が自分の教育を考えるヒントに富んだ参考書として好適!

編者 著作
『ごまかし勉強』
上)http://www.shin-yo-sha.co.jp/mokuroku/books/4-7885-0796-X.htm
下)http://www.shin-yo-sha.co.jp/mokuroku/books/4-7885-0797-8.htm





2月下旬発売予定
------------------------------------------------------------------
『空間紛争としての持続的スポーツツーリズム』
──持続的開発が語らない地域の生活誌
------------------------------------------------------------------

村田周祐 著
四六判上製240頁・本体3600円+税
ISBN  978-4-7885-1514-7 c3036
分野=社会学・社会問題・地域開発


持続的開発の陥穽を脱するために

近年、持続的スポーツツーリズムが地方再生の戦略として注目されています。
自然に手を加えず生活を保全したまま行う開発ですが、現場では問題報告の声
が絶えません。生業や生活の場をスポーツに転用すると、ここは何のための空
間なのかという定義にまつわる問題を引き起こすのです。自然破壊とは異なる
位相の問題に向き合うため、著者は紛争という視角から各地の実態を追います。
お遍路、ウォーキング、トライアスロン、サーフィンなど、10年間にわたる調
査により、ツーリズムを「在地化」させる営みが克明に描き出され、コモンズ
論や地域振興論に大きなヒントを与える気鋭の問題提起です。




2月下旬発売予定
------------------------------------------------------------------
『生き延びる都市』
──新宿歌舞伎町の社会学
------------------------------------------------------------------

武岡 暢 著
A5判上製336頁・本体4400円+税
ISBN  978-4-7885-1513-0    C3036
分野=社会学・都市論


歓楽街が生き延びるメカニズムとは?

数千軒のスナック・風俗店が立ち並ぶ、世界でも有数の歓楽街・歌舞伎町。何
度も「浄化」が試みられながらこの歓楽街は生き延びています。著者は、住民
やコミュニティに集中してきた既存の研究手法を離れ、空間の作用、移動する
主体、職業や労働などの一時的活動等に焦点を合わせることで、その再生産メ
カニズムに迫ります。客引き・風俗職従事者等のフィールド調査や、ビル経
営・不動産業など空間を商品化する産業の調査により、経営者・従事者・客の
多層的関係や、雑居ビルという特質、ストリートの動態を解明し、「歌舞伎
町」の総体を、歴史と構造的空間生成の両面から活写する野心作です。 

著作
『歌舞伎町はなぜ<ぼったくり>がなくならないのか』(イースト・プレス新
書)



2月中旬発売予定
------------------------------------------------------------------
『これからの子ども社会学』
──社会・技術・生物のネットワークとしての「子ども」
------------------------------------------------------------------

アラン・プラウト 著/元森絵里子 訳
四六判上製304頁・予価3400円+税
ISBN  978-4-7885-1512-3 C3036
分野=社会学


今の時代に生きる子どもたちの場所とは?

子ども観は時代と共に大きく変化してきました。近年は、子どもの権利思潮な
どにも後押しされて、子どもの能動性に注目する視点や、子どもの社会的構成
に着目する視点が広く支持されています。しかしこれらの見方は、「子ども」
というカテゴリーを過度に本質化しており、社会的要素だけでなく身体的でも
あり技術の影響も深く受ける子どもの複雑なあり方を捉えていません。著者プ
ラウトは、現在の子ども社会学のさまざまな視点を批判的に吟味しつつ、自然
科学と社会科学の知を縦横無尽に行き来しながら、子ども研究のあるべき形を
描き出していきます。これからの子ども研究の新たな知の枠組みを提示した、
子ども学研究者、学生が読み、参照すべき重要文献の完訳です。




3月中旬発売予定
------------------------------------------------------------------
『悲 愛』
──あの日のあなたへ手紙をつづる
------------------------------------------------------------------

金菱 清 編
東北学院大学震災の記録プロジェクト
四六判並製144頁・予価1400円+税
ISBN  978-4-7885-1515-4 C1036
分野=震災・社会学・ノンフィクション


亡き人との魂の対話

昨年ブレークした『呼び覚まされる霊性の震災学』に続き、亡き人に宛てた珠
玉の手紙集をお届けします。3・11のあの日、さよならもいわずに去ってしま
ったかけがえのない人、流されてしまった家、動物たち、もはや戻れない故郷。
震災から6年を前に、何人もの被災者が愛すべき人、失ったものたちへの痛切
な想いを手紙に綴ってくれました。亡くなった人たちは目に見えず呼びかけて
も無言ですが、すぐにそばにいることは、理屈を超えて確かな実感としてある
のです。NHKで報道され反響を呼んだ風の電話(大槌町)、漂流ポスト(陸
前高田市)に続き、沈黙をひらく死者との交流としてご注目ください。


著者編著・東北学院大学震災の記録プロジェクト

霊性の震災学
http://www.shin-yo-sha.co.jp/#jo

3.11 慟哭の記録
http://www.shin-yo-sha.co.jp/mokuroku/books/978-4-7885-1270-2.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月13日 (月)

記事 山本武利著『日本のインテリジェンス工作』 @毎日新聞 2017/2/12付

山本武利著『日本のインテリジェンス工作』著者インタビュー「今週の本棚 本と人」が、「毎日新聞」2017年1月12日に掲載されました。評者は岸俊光氏。

陸軍中野学校の創立期に迫る

…… 「宣伝・謀略研究に打ち込んだのは連合国軍総司令部(GHQ)の文書を読むようになってからです。戦争ぐらいコミュニケーションが活発な時はありません。当初は軍やスパイの研究を危険視する向きも強かった」

 インテリジェンスはコミュニケーション研究の欠落した領域で、市民権を得なければならないと思った、と力を込める。

 本書は、情報の専門家の養成が始まる昭和初期の満州事変などに注目しつつ、総論、対中、対ソの3部から構成される。

 読みどころは陸軍中野学校の創立期を描いた章だろう。1974年にフィリピンから帰還した元日本兵、小野田寛郎(ひろお)が卒業生だったことで中野はブームになる。だが、公文書は戦後全て焼却されたといわれていた。
……

続くを読む 毎日新聞ウェブサイトへリンク

 

 

 

9784788514997山本 武利 著

日本のインテリジェンス工作
――陸軍中野学校・731部隊・小野寺信

四六判288頁上製
定価:本体2800円+税
発売日 16.11.1

ISBN 978-4-7885-1499-7

関連記事 山本武利著『日本のインテリジェンス工作』 解説 小畑利夫
書評 山本武利著『日本のインテリジェンス工作』 @図書新聞 2017/1/1付
紹介 信濃毎日新聞ほか共同通信配、週刊金曜日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月10日 (金)

書評 『村上陽一郎の科学論』 柿原泰 加藤茂生 川田勝 編 @WEBRONZA

柿原泰 加藤茂生 川田勝 編 村上陽一郎 小松美彦 野家啓一ほか 著『村上陽一郎の科学論』 の書評が 「三省堂書店×WEBRONZA 神保町の匠」に掲載されました。ぜひご一読ください。

評者は 今野哲男氏。書評くださいました先生、掲載サイトご担当者の方に深くお礼申し上げます。ありがとうございました。

 被爆の傷がまだ生々しく、イタイイタイ病や水俣病あるいは新潟水俣病といった公害がただならぬ問題として露出しはじめ、それにラディカルな異を唱える、いわゆる新左翼のイデオロギッシュな叫び声がこだまする中で、従来のアカデミズムの権威主義だけでなく、それに反逆するイデオロギーの枠までも軽やかに踏み超えていく――若き日の村上は、あの片桐ユズルのビートニックな感性にも通底する、社会に開かれた「アマチュアリズム」というにふさわしい、門外漢でも臆さずに近づくことのできる、しなやかな体幹を持っていた。

 本書は、そんなデビュー以来、ほぼ50年の長きにわたり、科学論の幅広い分野で、基礎的な議論だけではなく、その時々の見逃せないトピックについても、刺激的な議論を展開し主導してきた村上の足跡を検証し、批判的に継承しようと画策されている。村上本人と編者2名を含めて、アマチュアリズムの大切さを知るプロの専門家たち、都合13名の執筆による充実した論考集だ。......

掲載サイト「WEBRONZA 神保町の匠」へ

9784788515062

柿原泰・加藤茂生・川田勝 編
村上陽一郎・小松美彦ほか著

村上陽一郎の科学論
――批判と応答

四六判並製436頁
定価:本体3900円+税
発売日 16.12.26

ISBN 978-4-7885-1506-2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 3日 (金)

新刊 秋田巌『日本の心理療法 身体篇』

9784788514942

秋田 巌 編

日本の心理療法 身体篇
――

A5判上製256頁
定価:本体3200円+税
発売日 17.2.10

ISBN 978-4-7885-1494-2

見本出来ました。
2月13日ごろ書店に並びます。

   本書は二〇一二年三月二四日、京都文教大学で行われた公開シンポジウム『日本の心理療法 身体篇』が元となっている。それから本書出版までに思わぬ歳月を要してしまった。シンポジウムをまず文字起こしし、それを各先生方に加筆・修正していただくというプロセスのなかで――これは長文執筆の経験がある方ならご理解いただけると思うが――思わぬ行き詰まり・障壁に阻まれることがある。この「壁」は、真っ向から乗り越えようとさえしなければ意外にすんなり迂回できたりもする。しかしそれをしてしまうと、論文完成後の満足感・納得感が、言うまでもなく、低下してしまう。

 本書の執筆者のうち、お二人はごく早期に論文を提出してくださった。あとお二人におかれては数年もの時を要した。この遅れはひとえに編者たる秋田の怠慢に帰されるべきであるが、それにもまして執筆遅延のお二人が、論文記述途上に立ち現れる様々な困難を正面から受け止め、乗り越える作業をしてくださった賜物でもまたある。このことは、本書に目を通していただければ即座に了解していただけるであろう。
 と言って、早期提出のお二人の論文がいい加減な...

・・・・・・

《もっと読む 日本の心理療法 身体篇 序》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 2日 (木)

本の紹介 読書アンケート特集@月刊「みすず」2017/1-2 

年明けよりあまり話題がないせいか、先月(1月)にいたっては、3回しかブログをアップしておらず、反省。無理やり何か書くとしても、鮨量とか一茶庵が昨年末に店を閉めたらしいといった閉店情報ぐらいしかなく、なんとも気が優れません。

そんななか、読書アンケート特集@月刊「みすず」2017/1-2 の発売。ここに自社本が出ていると、営業としては潰えかけていた意気もあがるというものです。

さて弊社でいうとどんな本が取り上げられていたかと申しますと、

P.バーク『知識の社会史2 百科全書からウィキペディアまで』井山弘幸訳(新刊)

板倉史明『映画と移民 在米日系移民の映画需要とアイデンティティ』(新刊)

菅野盾樹『いのちの遠近法 意味と非意味の哲学』(在庫僅少)

上野冨紗子&まちにて冒険隊『認知症ガーデン』(新刊)

村上陽一郎『近代科学と聖俗革命』(在庫僅少)
柿原泰・加藤茂生・川田勝編『村上陽一郎の科学論 批判と応答』(新刊)

といった書籍。ありがたきしあわせ、ずいぶんとりあげてもらいました。

しかし以前と比べ、ずいぶん分厚くなっているような、この特集号。なんと124頁! 324円。
これはどのくらい刷っているかわかりませんがせめて600円ぐらいつけないとやっていけないのではなかろうか?

みすずの「読書アンケート特集」号は、読者サービス号です

と文字を大にして言いたい。 これを読むだけで賢くなった気がするし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ