« 書評 『村上陽一郎の科学論』 柿原泰 加藤茂生 川田勝 編 @WEBRONZA | トップページ | ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第167号■ »

2017年2月13日 (月)

記事 山本武利著『日本のインテリジェンス工作』 @毎日新聞 2017/2/12付

山本武利著『日本のインテリジェンス工作』著者インタビュー「今週の本棚 本と人」が、「毎日新聞」2017年1月12日に掲載されました。評者は岸俊光氏。

陸軍中野学校の創立期に迫る

…… 「宣伝・謀略研究に打ち込んだのは連合国軍総司令部(GHQ)の文書を読むようになってからです。戦争ぐらいコミュニケーションが活発な時はありません。当初は軍やスパイの研究を危険視する向きも強かった」

 インテリジェンスはコミュニケーション研究の欠落した領域で、市民権を得なければならないと思った、と力を込める。

 本書は、情報の専門家の養成が始まる昭和初期の満州事変などに注目しつつ、総論、対中、対ソの3部から構成される。

 読みどころは陸軍中野学校の創立期を描いた章だろう。1974年にフィリピンから帰還した元日本兵、小野田寛郎(ひろお)が卒業生だったことで中野はブームになる。だが、公文書は戦後全て焼却されたといわれていた。
……

続くを読む 毎日新聞ウェブサイトへリンク

 

 

 

9784788514997山本 武利 著

日本のインテリジェンス工作
――陸軍中野学校・731部隊・小野寺信

四六判288頁上製
定価:本体2800円+税
発売日 16.11.1

ISBN 978-4-7885-1499-7

関連記事 山本武利著『日本のインテリジェンス工作』 解説 小畑利夫
書評 山本武利著『日本のインテリジェンス工作』 @図書新聞 2017/1/1付
紹介 信濃毎日新聞ほか共同通信配、週刊金曜日

|

« 書評 『村上陽一郎の科学論』 柿原泰 加藤茂生 川田勝 編 @WEBRONZA | トップページ | ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第167号■ »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/64887484

この記事へのトラックバック一覧です: 記事 山本武利著『日本のインテリジェンス工作』 @毎日新聞 2017/2/12付:

« 書評 『村上陽一郎の科学論』 柿原泰 加藤茂生 川田勝 編 @WEBRONZA | トップページ | ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第167号■ »