« 書評 神山潤 著 『朝起きられない人のねむり学』 こころの科学no191/2017年1月 | トップページ | 書評 山本武利著『日本のインテリジェンス工作』 @図書新聞 2017/1/1付 »

2016年12月26日 (月)

書評 三浦倫平著『「共生」の都市社会学』 朝日新聞2016年の収穫

三浦倫平著『「共生」の都市社会学―下北沢再開発問題のなかで考える』 が、朝日新聞2016年12月25日付「2016年の収穫 心に残る本 書評委員が選んだ「今年の3点」」に掲載されました。評者は武田徹氏。ご書評くださいました先生、書評紙ご担当者様にこころよりお礼申し上げます。ありがとうございました。

かたや高度利用の実現を求め、かたや昔ながらの町並みにこだわる。「変えろ」と「変えるな」がガチにぶつかり膠着しながら都市再開発問題。サブカル都市「下北沢」を事例に住む者だけでなく、文化享受者をもアクターとみなし、それぞれの権益を調整する視点を導入。二項対立からの脱却の糸口を探る。
・・・・・・

ほか
『樺太を訪れた歌人たち』 松村正直著 ながらみ書房
『全裸監督村西とおる伝』 本橋信宏著、太田出版
とともにお選びいただきました。
(村西とおる監督の米国では懲役370年の求刑というのはすごい......)

9784788514706

三浦倫平 著

「共生」の都市社会学
―下北沢再開発問題のなかで考える

A5判上製464頁
定価:本体5200円+税
発売日 16.3.31

ISBN 978-4-7885-1470-6

 

|

« 書評 神山潤 著 『朝起きられない人のねむり学』 こころの科学no191/2017年1月 | トップページ | 書評 山本武利著『日本のインテリジェンス工作』 @図書新聞 2017/1/1付 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/64677610

この記事へのトラックバック一覧です: 書評 三浦倫平著『「共生」の都市社会学』 朝日新聞2016年の収穫:

« 書評 神山潤 著 『朝起きられない人のねむり学』 こころの科学no191/2017年1月 | トップページ | 書評 山本武利著『日本のインテリジェンス工作』 @図書新聞 2017/1/1付 »