« 新刊 上野冨紗子&まちにて冒険隊『認知症ガーデン』 | トップページ | 書評 田中研之輔 著『都市に刻む軌跡』@図書新聞 »

2016年11月21日 (月)

書評 日本記号学会編『ハイブリッド・リーディング――新しい読書と文字学』

日本記号学会編『ハイブリッド・リーディング――新しい読書と文字学』の書評が「週刊読書人」2016年11月18日号に掲載されました。評者は山本貴光氏。評者の先生、掲載紙ご担当者のかたに深くお礼申し上げます。ありがとうございました。

<「どんなものであれ、文字とはなによりもまずモノである。例えば、粘土板や石に刻まれた文字はもちろんのこと、紙に書かれたり印刷された文字、液晶ディスプレイに表示された文字など、文字はなんらかの物質で象られ。私たちはそれを読む。
では、同じ文章であれば、どんな物質で読んでも、そこから得られる経験や効果は同じだろうか。それともなにか違いがあるのだろうか――各種コンピュータを使った読字環境が普及してきた昨今、こうした古くて新しい問題が改めて耳目を引いている。本書『ハイブリッド・リーディング――新しい読書と文字学』の各部に通底するのもまさにその問題である。「ハイブリッド・リーディング」とは、従来の紙の本と、電子の読字手段とが混在する環境でもの読むことを指している……

9784788514867

日本記号学会 編

叢書セミオトポス11
ハイブリッド・リーディング
新しい読書と文字学

A5判並製280頁
定価:本体2900円+税
発売日 16.8.31

ISBN 978-4-7885-1486-7

|

« 新刊 上野冨紗子&まちにて冒険隊『認知症ガーデン』 | トップページ | 書評 田中研之輔 著『都市に刻む軌跡』@図書新聞 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/64522809

この記事へのトラックバック一覧です: 書評 日本記号学会編『ハイブリッド・リーディング――新しい読書と文字学』:

« 新刊 上野冨紗子&まちにて冒険隊『認知症ガーデン』 | トップページ | 書評 田中研之輔 著『都市に刻む軌跡』@図書新聞 »