« 近刊情報 『つむぐ』 ──生命誌年刊号vol84 ─87 | トップページ | 近刊情報 キャスリン・アズベリー & ロバート・プローミン 著 『遺伝子を生かす教育』 »

2016年10月20日 (木)

近刊情報 山本武利 著『日本のインテリジェンス工作』

11月上旬発売予定
------------------------------------------------------------------
『日本のインテリジェンス工作』
──陸軍中野学校・731部隊・小野寺信
------------------------------------------------------------------
山本武利 著
四六判上製288頁・予価2800円+税
ISBN 978-4-7885-1499-7 C1031
分野=軍事・近現代史・メディア論

インテリジェンス・リテラシーを高めるために!

平和憲法下、日本は軍備を放棄し、戦争をしない国になったはずでしたが、最近、集団的自衛権を容認する「安保法案」なるものが成立し、中国・北朝鮮の強硬姿勢などと相まって、戦争が現実味を帯びてきています。多くの犠牲をはらって得られた「平和」を死守するためにも、戦争とは何か、どのようにして起こり、いかに行なわれるのか、その現実を知らざるを得ません。

本書は、なかでも日本人が見落としてきた、戦争における「情報」の役割に焦点を当てて、宣伝・諜報・謀略などのインテリジェンス活動の歴史を振り返ったものです。

陸軍中野学校、特務機関、731部隊、満洲国の宣撫活動、ラジオやチラシによるプロパガンダなどが、著者の見つけた一次資料をもとに分析されます。最悪の事態を避けるためにも、我々はインテリジェンス・リテラシーを高めるべきでしょう。



|

« 近刊情報 『つむぐ』 ──生命誌年刊号vol84 ─87 | トップページ | 近刊情報 キャスリン・アズベリー & ロバート・プローミン 著 『遺伝子を生かす教育』 »

近刊情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/64374131

この記事へのトラックバック一覧です: 近刊情報 山本武利 著『日本のインテリジェンス工作』:

« 近刊情報 『つむぐ』 ──生命誌年刊号vol84 ─87 | トップページ | 近刊情報 キャスリン・アズベリー & ロバート・プローミン 著 『遺伝子を生かす教育』 »