« 書評 まなざしの誕生 @折々のことば 7月14日付朝日新聞 | トップページ | 新刊 日本記号学会『ハイブリッド・リーディング』 »

2016年8月24日 (水)

新刊 福島哲夫『臨床現場で役立つ質的研究法』

9784788514881

福島哲夫 編

臨床現場で役立つ質的研究法
―臨床心理学の卒論・修論から投稿論文まで

A5判並製192頁
定価:本体2200円+税
発売日 16.9.1

ISBN 978-4-7885-1488-1

見本出来ました。
9月1日ごろ書店に並びます。

まえがき

  ―今いる場所を少しでも良い場所に

  従来、臨床心理学における研究と臨床行為そのものの間にはある種の乖離があった。つまり、成果の共有や応用はあったものの、方法論や発想という点で大 きく隔たっていた。たとえば、特定の心理的な問題の背景や要因を探る場合に、ある程度の数のサンプルを統計的に比較する方法がある。あるいはアナログ研究 として一般群の中から特定の心理的傾向の比較的高いサンプルに関して分析する等の場合もある。このような場合、統計的手法に基づいてきちんと分析された結 果が、必ずしも個々の事例を十分に説明したり予測したりするものではない。それは医学における「一般例と例外的な事例」というような関係ではなく、心理臨 床という細密な要素を扱う実践であるからこそ、生じるような乖離である。それゆえに、このような一般化を目指す研究とその発想が、

・・・・・・

《もっと読む 臨床現場で役立つ質的研究法 まえがき》

|

« 書評 まなざしの誕生 @折々のことば 7月14日付朝日新聞 | トップページ | 新刊 日本記号学会『ハイブリッド・リーディング』 »

新刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/64104115

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊 福島哲夫『臨床現場で役立つ質的研究法』:

« 書評 まなざしの誕生 @折々のことば 7月14日付朝日新聞 | トップページ | 新刊 日本記号学会『ハイブリッド・リーディング』 »