« 新刊 松本 健太郎『理論で読むメディア文化』 | トップページ | 新刊 キャサリン・モンゴメリー『ドクターズ・ストーリーズ』 »

2016年5月31日 (火)

最期の多田ビル 倉庫の引っ越し

Image1_3





 

Image_22016年5月31日をもちまして、多田ビルより撤収いたしました。
3年前に出荷業務だけをのこして3丁目の第一丸三ビルに引っ越したのですが、本日で出荷業務も移転、2丁目24番地の山本ビルに移しました。

昨年に多田ビルのオーナーが代わり、この日が来ることは予想しておりましたので、思ったほどのショックはありません。が、私が新曜社に入社以来20数年、新曜社としては40年以上いたビルですので、それなりの感慨はあります。

カンバンは、トラックにぶつけられて何度か取りかえた。
休みの日に当て逃げされたときには、ほんと許せなかったなあ。

Image3_2

こちらはとなりにあった「シルバー会館」。結局最後までなぞの建物でしたが、出版社があったり、ホウキ屋さんの倉庫になっていたりしたのは知っている。この建物も今月初めに取り壊されて今や空き地だ。

ここの小道はじつは私道、オーナーは豊島区だかの人とお聞きしている。風情があるだか知らないが、ときおり写真をとる輩がいた。

近くにあった源来軒さんあたりも空き地になって、多田ビルを買ったのと同じ会社がオーナーだと聞く。90年代初頭のバブル崩壊のあとの後始末が、新たな都市計画となって完了しようとしている。

新しい倉庫の山本ビルは、ここから数十メートル離れたところ。内装にはなんで? というぐらいお金をかけて、まあ楽になったかも。集品のトラックなどはなかなか落ち着いて駐車できるところではないので、ご迷惑おかけします。

|

« 新刊 松本 健太郎『理論で読むメディア文化』 | トップページ | 新刊 キャサリン・モンゴメリー『ドクターズ・ストーリーズ』 »

お知らせ」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/63714554

この記事へのトラックバック一覧です: 最期の多田ビル 倉庫の引っ越し:

« 新刊 松本 健太郎『理論で読むメディア文化』 | トップページ | 新刊 キャサリン・モンゴメリー『ドクターズ・ストーリーズ』 »