« 新刊 神山潤『朝起きられない人のねむり学』 | トップページ | 最期の多田ビル 倉庫の引っ越し »

2016年5月30日 (月)

新刊 松本 健太郎『理論で読むメディア文化』

9784788514805

松本 健太郎 編

理論で読むメディア文化
― 「今」を理解するためのリテラシー

A5判288頁並製
定価:本体2800円+税
発売日 16.5.31

ISBN 978-4-7885-1480-5

見本出来ました。
5月30日ごろ書店に並びます。

はしがき

「今」(に生きつつある人間/に根づきつつある文化)の組成を理解するために、「今」どのようなかたちの〝リテラシー〟が求められている、といえるだろうか。

筆者は、かつて日本記号学会の機関誌として刊行された『ゲーム化する世界―コンピュータゲームの記号論』(新曜社、二〇一三)の編集を担当したことがある のだが、その際、同様の書名の本がないかどうかを検索してみて驚いたことがある。じつは、類似したタイトルの書籍があまりにも多いのである。ほんの一部の 事例をあげるならば、トーマス・フリードマンによる『フラット化する世界』、ニコラス・G・カーによる『クラウド化する世界』、ジグムント・バウマンによ る『リキッド・モダニティ―液状化する社会』、アラン・ブライマンによる『ディズニー化する社会』、ジョージ・リッツアによ

・・・・・・

《もっと読む 理論で読むメディア文化 はしがき》

|

« 新刊 神山潤『朝起きられない人のねむり学』 | トップページ | 最期の多田ビル 倉庫の引っ越し »

新刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/63704989

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊 松本 健太郎『理論で読むメディア文化』:

« 新刊 神山潤『朝起きられない人のねむり学』 | トップページ | 最期の多田ビル 倉庫の引っ越し »