« 新刊 日本質的心理学会『質的心理学研究 第15号』 | トップページ | 新刊  田中研之輔『都市に刻む軌跡』 »

2016年3月15日 (火)

新刊 西村ユミ『看護実践の語り』

9784788514683_5

西村ユミ 著

看護実践の語り
―言葉にならない営みを言葉にする

四六判上製244頁
定価:本体2600円+税
発売日 16.3.20
ISBN 978-4-7885-1468-3

見本出来ました。
3月24日ごろ書店に並びます。

あとがき

 驚いたことに、本書のもとになった研究に着手してから、既に十二年余りが経ってしまった。あの頃より、私は、具体的な実践から「看護の実践知」を導き出すことを目論んできた。言語化が難しい実践、それを僅かながらでも言葉するにはどうしたらいいのか、と考えあぐねて選び取った方法の一つが、グループインタビューだった。本書で紹介したとおり、参加者の「みな」で自分自身の、そして自分たちの看護を語り合う中で、新たな言葉が生まれてくる可能性がある。これを頼みに試みた。その試みから、多様な看護実践の記述が生み出された。

 私にとって本書に登場してくれた看護師さん方との出会いは、ほんとうに大きいものだった。何よりも、臨床経験がたったの二年しかない私は、看護実践の特徴の多くを、この研究で生まれた言葉から学ぶことができた。自身の臨床経験や教員となってからの実習指導の経験は、確かに私の「看護のもと」となっているが、本書で記述した言葉は、その看護実践のもとに輪郭を与えてくれた。看護について話すいろいろな機会に、

・・・・・・

《もっと読む 看護実践の語り あとがき》

|

« 新刊 日本質的心理学会『質的心理学研究 第15号』 | トップページ | 新刊  田中研之輔『都市に刻む軌跡』 »

新刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/63349223

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊 西村ユミ『看護実践の語り』:

« 新刊 日本質的心理学会『質的心理学研究 第15号』 | トップページ | 新刊  田中研之輔『都市に刻む軌跡』 »