« 新刊 三浦倫平『「共生」の都市社会学』 | トップページ | 新刊 奥野昌宏・中江桂子『メディアと文化の日韓関係』 »

2016年3月31日 (木)

朝日新聞論壇時評 金菱清(ゼミナール)『呼び覚まされる霊性の震災学』

3月31日付 朝日新聞「論壇時評」、

「ことば」の復興
壊れた社会をつなぎ直す


のなかで、ミュージカル「タイムライン」、森達也監督の「FAKE」とともに『呼び覚まされる霊性の震災学』(金菱清(ゼミナール)編・東北学院大学震災の記録プロジェクト)が取り上げられました。

評者は高橋源一郎氏。

……ゼミの主催者・金菱清はこう書いている……わたしたちの社会は「死」をタブー視し、見えないものにしてきた。だが、暴力的に「死」と向き合わざるをえなかった、震災の当事者たちは、通常と異なったやり方で、「死者」を弔い、「死」を受け入れていった。そこには、わたしたたちの社会が忘れかけていたものがあった。彼らは、単に「死者を忘れないこと」ではなく、やがて「死者と共に生きること」を目指すようになった。死を常に意識することで、はかない生の価値を深く噛みしめるために。そこには、よりよい社会を作り出すための重要なヒントがあるのだ、と。……

高橋源一郎さんの5年にわたる朝日新聞・論壇時評は今回で終わり、次回は小熊英二氏が担当です。

9784788514577

金菱清〔ゼミナール)編
東北学院大学震災の記録プロジェクト

呼び覚まされる霊性の震災学
――3.11 生と死のはざまで

四六判並製200頁
定価:本体2200円+税
発売日 16.1.20
ISBN 978-4-7885-1457-7

|

« 新刊 三浦倫平『「共生」の都市社会学』 | トップページ | 新刊 奥野昌宏・中江桂子『メディアと文化の日韓関係』 »

お知らせ」カテゴリの記事

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/63420510

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日新聞論壇時評 金菱清(ゼミナール)『呼び覚まされる霊性の震災学』:

« 新刊 三浦倫平『「共生」の都市社会学』 | トップページ | 新刊 奥野昌宏・中江桂子『メディアと文化の日韓関係』 »