« 記事 「人狼ゲーム」でコミュニケーションスキルは向上するのか? | トップページ | 新刊 日本発達心理学会『脳の発達科学』 »

2015年8月25日 (火)

書評 『天才たちの孤独な少年期』@KINOKUNIYA書評空間

熊谷高幸 著

天才を生んだ孤独な少年期
――ダ・ヴィンチからジョブズまで


の書評が、KINOKUNIYA書評空間 BOOKLOGに掲載 されました。評者は根井雅弘先生。

「天才と孤独」

 本書(熊谷高幸著『天才を生んだ孤独な少年期―ダ・ヴィンチからジョブズまで』新曜社、2015年)の存在を知ったのは地元紙の読書面に短い紹介が出ていたからだが、「天才と孤独」というテーマには惹きつけられる。著者は自閉症の研究に長年従事している専門家なので、この問題の解明にも心理学的なアプローチを採用している。
・・・・・・・

《続きを読む》KINOKUNIYA書評空間 BOOKLOG 





9784788514249熊谷高幸 著

天才を生んだ孤独な少年期
――ダ・ヴィンチからジョブズまで


四六判上製240頁
定価:本体1900円+税
発売日 15.3.16
ISBN 978-4-7885-1424-9

の重版が出来ました。

|

« 記事 「人狼ゲーム」でコミュニケーションスキルは向上するのか? | トップページ | 新刊 日本発達心理学会『脳の発達科学』 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/62147026

この記事へのトラックバック一覧です: 書評 『天才たちの孤独な少年期』@KINOKUNIYA書評空間:

« 記事 「人狼ゲーム」でコミュニケーションスキルは向上するのか? | トップページ | 新刊 日本発達心理学会『脳の発達科学』 »