« 書評 東 園子 著 宝塚・やおい、愛の読み替え 7/12付 信濃毎日新聞掲載 | トップページ | 鶴見俊輔さんのこと »

2015年7月23日 (木)

◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第151号■

2015年7月13日発行
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第151号■

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

◇トピックス
________________________

お知らせ

大山 正・鷲見 成正・氏ならびにその共著
『見てわかる視覚心理学』が、日本アニメーション学会賞特別賞を受賞いたしました。受賞式が6月13日 @横浜国立大学・教育文化ホールにて行われました。
http://shin-yo-sha.cocolog-nifty.com/blog/2015/06/post-dfb8.html

大山正先生にトロフィーをお渡しする会
https://twitter.com/shin_yo_sha/status/615134828925620224

『見てわかる視覚心理学』
大山 正・鷲見成正 著/五十嵐賢紘 DVD制作/
鈴木清重 映像制作・素材提供
A5判並製150頁・定価:本体2800円+税
発売日 14.4.20 ISBN 978-4-7885-1382-2

書評・紹介

●「同性の友愛 サブカルが映す」

東 園子 著
『宝塚・やおい、愛の読み替え
──女性とポピュラーカルチャーの社会学』

の書評が、朝日新聞2015年6月28日付に掲載されました。

http://shin-yo-sha.cocolog-nifty.com/blog/2015/06/628-f78d.html

________________________

◇近刊情報
________________________

7月下旬発売予定
------------------------------------------------
『人狼ゲームで学ぶ
   コミュニケーションの心理学』(仮題)

── 嘘と説得、コミュニケーショントレーニング
------------------------------------------------

丹野宏昭・児玉 健 著
A5判並製168頁・予価1700円+税
ISBN 978-4-7885-1439-3 C1011
分野=心理学・社会

ゲームでコミュニケーションスキルを磨く!

人狼ゲームが、子どもから大人まで楽しめるゲームとして今大人気です。人狼を探し出すために、あるいは人狼だと見抜かれないために、参加者は、騙したり説得したり、身振り手振りも動員して、コミュニケーションの限りを繰り出します。「究極の心理ゲーム」と言われる所以です。本書は、心理学のプロと人狼ゲームのプロがチームを組んでできあがりました。人狼ゲームをしながら嘘とは、説得とは何かを学び、コミュニケーションスキルをトレーニングする、楽しくてためになる心理学です。

7月下旬発売予定
------------------------------------------------
『大震災からのこころの回復』
──リサーチ・シックスとPTG
------------------------------------------------

長谷川啓三・若島孔文 編
四六判並製288頁・予価3400円+税
ISBN 978-4-7885-1440-9 C3011
分野=臨床心理学・震災関連

震災発生から4年経って見えてきたこと

未曾有の被害をもたらした東日本大震災の発生直後、被災地ではどんなこころの支援が必要とされ、有効だったのでしょうか。また数年を経る間に、こころの支援のニーズはどのように変化していったのでしょうか。著者たちは全員、自ら震災を経験する中、身体を張り心理支援に携わった東北大学の心理士・研究者で、その活動と被災者たちのこころの回復の軌跡を6つの視点にまとめました。同規模の震災が今後日本各地で起こり得る中、こころの支援に携わるすべての読者にとって、これからの実践や研究のヒントをもたらす必携の書です。

8月上旬発売予定
------------------------------------------------
『ワードマップ 犯罪捜査の心理学』
──凶悪犯の心理と行動に迫るプロファイリングの最先端
------------------------------------------------

越智啓太 著
四六判並製224頁・予価2300円+税
ISBN 978-4-7885-1441-6 C1011
分野=心理学・犯罪心理学

FBI方式はもう古い?

世間を震撼させる凶悪犯罪は、いつの時代も後を絶ちません。なぜそのような犯罪が起こるのでしょうか。理解しがたい犯罪を犯す人間は、どんな人柄で、いったい何を考えているのでしょうか。本書の前半では、犯人像や行動を推定して検挙するための最新の科学的知見に基づくプロファイリング手法と考え方とを網羅し、後半では犯罪の実例を取り上げながら、注意すべき凶悪犯の心理と行動を罪種別にわかりやすく解説しました。彼らの心理を知るのみならず、危ない状況を察知し、犯罪から自分の身を守るうえでも必須の知識が満載です。

8月上旬発売予定
------------------------------------------------
『家族生活の社会学』
──家庭内役割の不平等はなぜ続くのか
------------------------------------------------

G・アラン 著/天木志保美 訳
四六判上製296頁・本体4500円+税
ISBN 978-4-7885-1443-0 C3036
分野=社会学・家族 

家族理論のスタンダード
「家族生活」こそ現代家族をとらえる切り札といえます。家族生活に分け入ることで家族問題や家族解体を総体的に知ることができるからです。本書の醍醐味は結婚、仕事と家事、離婚と子ども、ひとり親家族、高齢者ケア、失業などを幅広く踏まえて、女性の家庭内役割は、家庭外の職業や余暇などの男女差と固く結びついて構造化され、不平等をもたらすと看破したことです。日本で本当に「女性が輝く社会」が実現するのか、深く学ぶことができます。著者はイギリスの社会学者、訳書に『友情の社会学』(世界思想社)。

____________________________

◇奥付
____________________________

□電子メールマガジン:「新曜社<新刊の御案内> 」(不定期発行)
□HPアドレス http://www.shin-yo-sha.co.jp/
□blog:新曜社通信 http://shin-yo-sha.cocolog-nifty.com/
□twitterもよろしく:http://twitter.com/shin_yo_sha
□このメルマガは『まぐまぐ』を利用して発行しています。
□購読・解除・変更手続きは http://www.mag2.com/ より行って下さい。
□掲載された内容を許可無く転載することを禁じます。
□発行:株式会社新曜社 営業部
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-9 第一丸三ビル
電話  03(3264)4973(代)
FAX 03(3239)2958
e-mail info@shin-yo-sha.co.jp
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
次回発行は2015年8月中旬を予定しております

|

« 書評 東 園子 著 宝塚・やおい、愛の読み替え 7/12付 信濃毎日新聞掲載 | トップページ | 鶴見俊輔さんのこと »

新刊案内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/61940422

この記事へのトラックバック一覧です: ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第151号■:

« 書評 東 園子 著 宝塚・やおい、愛の読み替え 7/12付 信濃毎日新聞掲載 | トップページ | 鶴見俊輔さんのこと »