« 新刊 山本武利・永井良和・松田さおり 『占領期生活世相誌資料Ⅱ 風俗と流行』 | トップページ | 書評 東 園子 著 宝塚・やおい、愛の読み替え 6/28付 朝日新聞掲載 »

2015年6月26日 (金)

新刊 日本記号学会『音楽が終わる時』

9784788514386

日本記号学会  編

音楽が終わる時
――産業/テクノロジー/言説

A5判並製224頁
定価:本体2800円+税
発売日 15.6.30
ISBN 978-4-7885-1438-6

見本出来ました。
7月6日ごろ書店に並びます。

刊行によせて 吉岡洋

 たんなる数字の上では、二一世紀に入ってもう一五年が経過した。前世紀に想像された未来のなかでは、宇宙船ディスカヴァリーに搭載された人工知能 HAL9000が反乱を起こした年(二〇〇一年)も、天才科学者天馬博士が亡き息子の身代わりにロボット(後の鉄腕アトム)を造った年(二〇〇三年)も、 ドラえもんたちの愛用するタイム・マシンが発明された年(二〇〇八年)も、もはや過去の出来事となってしまった(ちなみに今年は『新世紀エヴァンゲリオ ン』で最初に「使徒」が出現する年である)。

 けれども私たちは本当に、二一世紀に生きているのだろうか? 一〇〇年時間を巻き戻してみると、今は第一次世界大戦のまっただなかである。一九〇〇年代の 最初の一五年間―それは数字の上では二〇世紀でも、文明の基本的な形はまだ一九世紀を色濃くひきずっていた。同じように、私たちの文明はまだ二〇世紀に深 くとらわれているのではないだろうか? そして、もし一九世紀を本当に終わらせたのが最初の世界大戦だとすれば、もしかすると私たちはいま、ようやく二〇 世紀の本当の終末に直面しつつあるのではないだろうか?

・・・・・・

《もっと読む 音楽が終わる時 刊行によせて》

|

« 新刊 山本武利・永井良和・松田さおり 『占領期生活世相誌資料Ⅱ 風俗と流行』 | トップページ | 書評 東 園子 著 宝塚・やおい、愛の読み替え 6/28付 朝日新聞掲載 »

新刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/61796697

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊 日本記号学会『音楽が終わる時』:

« 新刊 山本武利・永井良和・松田さおり 『占領期生活世相誌資料Ⅱ 風俗と流行』 | トップページ | 書評 東 園子 著 宝塚・やおい、愛の読み替え 6/28付 朝日新聞掲載 »