« ・記事・紹介 文芸批評、30代が頭角 @日本経済新聞  2015年4月3日付  | トップページ | 新刊 東園子『宝塚・やおい、愛の読み替え』 »

2015年4月17日 (金)

新刊 D・Aノーマン『誰のためのデザイン?増補・改訂版』

9784788514348

D.A.ノーマン 著
岡本明・安村通晃・伊賀聡一郎・野島久雄 訳

誰のためのデザイン?増補・改訂版
――認知科学者のデザイン原論

四六判上製512頁
定価:本体3300円+税
発売日 15.4.20
ISBN 978-4-7885-1434-8

見本出来ました。
4月23日ごろ書店に並びます。

日本語版への序文

  私は40年以上にわたって何度も日本を訪れているが、来るたびに深く印象づけられる。そのエネルギー、創造性、優秀さにはいつも感銘を受ける。お気に入りの日本の料理はオコノミヤキだ。

 日本の技術者とデザイナーは、アイデアを斬新に組み合わせて製品を作り上げることで有名である。これは、いろいろなおかずが入っているベントーや、天カスやさまざまな具材で作るオコノミヤキにも似通ったところがある。

 私の好みの、ある日本製品はこの組合せ能力を示している。日本のそろばんとデジタル計算機という、二つの世界の最良のものを組み合わせているのだ。次 ページの写真はシャープのそろばん電卓で、1990年代に買ったものだが、1970年代終わりごろから1980年代初期にいくつかのモデルが生産された [1]。なぜこの組合せなのか。足し算や引き算は、そろばんのほうが電卓や紙と鉛筆よりも簡単で速くできる。だが、掛け算、割り算になると電卓のほうが簡 単で速い。そこでこの二つを組み合わせない手はない。まさにシャープはそれをやったのだ(図1)。 うまくできている?イエス。使いやすい?考えてみてほしい。

    ・・・・・・

《もっと読む 誰のためのデザイン?増補・改訂版 日本語版への序文》

|

« ・記事・紹介 文芸批評、30代が頭角 @日本経済新聞  2015年4月3日付  | トップページ | 新刊 東園子『宝塚・やおい、愛の読み替え』 »

新刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/61447849

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊 D・Aノーマン『誰のためのデザイン?増補・改訂版』:

« ・記事・紹介 文芸批評、30代が頭角 @日本経済新聞  2015年4月3日付  | トップページ | 新刊 東園子『宝塚・やおい、愛の読み替え』 »