« 書評 ジョン・サール著/菅野盾樹 監訳『意識の神秘』@週刊読書人2015年4月10日付 | トップページ | 新刊 D・Aノーマン『誰のためのデザイン?増補・改訂版』 »

2015年4月15日 (水)

・記事・紹介 文芸批評、30代が頭角 @日本経済新聞  2015年4月3日付 

文芸批評、30代が頭角 先達の思想くみ 時代読み解く

という記事が、2015年4月3日付・日本経済新聞 夕刊 「ぱーそん」に掲載されました。

小説や詩歌など個々の文学作品の評価にとどまらず、広く社会や時代の分析を手掛ける文芸批評で、30代の存在が目立ってきた。欧米の思想や理論から小説や詩歌の価値を裁断するのではなく、日本の文芸批評が積み重ねてきた伝統を踏まえる、地に足のついた議論が持ち味だ。

 

として、

『復興文化論』の福嶋亮大氏

『批評メディア論』の大澤聡氏

『福田恆存 思想の〈かたち〉』の浜崎洋介氏

『坂口安吾の未来』の宮澤隆義氏がとりあげられ、各氏のコメントが掲載されていました。

・・・・・
・・・・・・彼らが文芸批評に関心を持った時代背景は何か。福嶋氏や浜崎氏は思想家の柄谷行人氏(73)の著作を挙げる。夏目漱石などの近代日本文学からマルクス、資本主義、世界史の構造まで幅広く論じる構えの大きさに加え、柄谷氏の社会思想を実践に移す運動の試みが注目された。浜崎氏は「(柄谷氏が提唱した社会運動)『NAM』への参加と、その崩壊を目の当たりにしたことが、文学と実践の問題を徹底的に考えるきっかけになった」と振り返る。

バブル経済の崩壊と就職難、二つの大震災・・・・・・。現代日本に多くの問題が吹き出すさまを直視してきたことも、この世代の共通体験だろう。2月に著書『坂口安吾の未来』を刊行した宮澤隆義氏(37)は、無頼派の作家の坂口安吾の作品を通じて「危機の時代」である現代を見つめる。

「無頼=何の権威にも頼れない時代だからこそ、自分自身の言葉で語らざるを得ない」(宮澤氏)。ひょっとすると、現代ほど批評が鍛えられる時期はないのかもしれない。

(文化部郷原信之氏)

・・

|

« 書評 ジョン・サール著/菅野盾樹 監訳『意識の神秘』@週刊読書人2015年4月10日付 | トップページ | 新刊 D・Aノーマン『誰のためのデザイン?増補・改訂版』 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/61444363

この記事へのトラックバック一覧です: ・記事・紹介 文芸批評、30代が頭角 @日本経済新聞  2015年4月3日付 :

« 書評 ジョン・サール著/菅野盾樹 監訳『意識の神秘』@週刊読書人2015年4月10日付 | トップページ | 新刊 D・Aノーマン『誰のためのデザイン?増補・改訂版』 »