« 紹介 新形信和『日本人はなぜ考えようとしないのか』 | トップページ | 書評 2015年3月15日讀賣新聞掲載、青山陽子著『病いの共同体』 »

2015年3月 9日 (月)

新刊 熊谷高幸『天才を生んだ孤独な少年期』

9784788514249

熊谷高幸 著

天才を生んだ孤独な少年期
――ダ・ヴィンチからジョブズまで

四六判上製240頁
定価:本体1900円+税
発売日 15.3.16
ISBN 978-4-7885-1424-9

見本出来ました。3月12日配本です。
3月16日ごろ書店に並びます。

はじめに

  この十年あまり、天才と呼ばれる人々の人生をたどってみて発見したのは、そこに共通して、少年期に驚くべき孤独が存在したということだった。

 ここでいう天才とは、世の中の文化を変えるような仕事をした人々である。能力が飛び抜けた人全体を指すわけではない。そして、新しい世界を生み出すための苦悩を経験した人々である。

 天才とは、このように、すでにある世界と対決した人々だから、そこに孤独があるのは容易に想像できる。では、彼らは天才となる中で孤独になったのだろうか? 実はそうではなくて、少年時代から孤独であり、それが天才を生みだした、とするのが本書の内容である。

 この本で取り上げるのは、ダ・ヴィンチ、ニュートン、エジソン、夏目漱石、アインシュタイン、ジョブズである。この人たちは、天才というとまず頭に浮かぶような人物ばかりである。だから、私の考えに都合のいい人たちだけを特に選び出したわけではない。これらの人たちの人生には、天才に不可欠なものが典型的な形で含まれているのである(なお、六人の天才の中に漱石を入れたのは、そこに日本人も含めておきたかったという理由もあるが、もうひとつ、漱石自身、優れた天才論を示しているから、という理由もある)。

    ・・・・・・

《もっと読む 天才を生んだ孤独な少年期 はじめに》

|

« 紹介 新形信和『日本人はなぜ考えようとしないのか』 | トップページ | 書評 2015年3月15日讀賣新聞掲載、青山陽子著『病いの共同体』 »

新刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/61255340

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊 熊谷高幸『天才を生んだ孤独な少年期』:

« 紹介 新形信和『日本人はなぜ考えようとしないのか』 | トップページ | 書評 2015年3月15日讀賣新聞掲載、青山陽子著『病いの共同体』 »