« ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第149号■ | トップページ | 新刊 安田裕子、滑田明暢、福田茉莉、サトウタツヤ『TEA理論編・実践編』 »

2015年3月23日 (月)

新刊 日本質的心理学会『質的心理学研究 第14号』

9784788514232

日本質的心理学会 編

質的心理学研究 第14号
──特集 社会的実践と質的研究

B5判並製212頁
定価:本体2800円+税
発売日 15.3.20
ISBN 978-4-7885-1423-2

見本出来ました。3月19日配本です。
3月23日ごろ書店に並びます。

巻頭言

質的研究の「質」をめぐる悩み
 『質的心理学研究』第14号を無事みなさまのお手元に届けられることになった。編集委員長としては2年目の仕事。相変わらず何ともいえないぎこちない動 きをしているのだが,編集委員,なかでもとりわけ役員たち(3人の副編集委員長+4人の編集監事)にサポートしていただきながら,どうにかここまでまたた どり着くことができた。まことに貴重な経験をさせていただいている。ただその過程は,順調なことばかりではない。

 編集委員会の中では,年間通してみるとけっこういろいろな問題が立ち上がってくる。そんな中でとりわけ難しい舵取りをしなくてはならないのは,同じ投稿 論文に対する査読者の評価が大きく食い違ったときである。多くの場合,2人の査読者の評価は似たようなものになり,両者の査読結果をほぼ並列させれば投稿 者に返すことができる。しかし難しいのは,一方がきわめて高い評価をしているのに,もう一方が厳しい評価を出してきたときである。

    ・・・・・・

《もっと読む 質的心理学研究 第14号 巻頭言》

|

« ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第149号■ | トップページ | 新刊 安田裕子、滑田明暢、福田茉莉、サトウタツヤ『TEA理論編・実践編』 »

新刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/61325370

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊 日本質的心理学会『質的心理学研究 第14号』:

« ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第149号■ | トップページ | 新刊 安田裕子、滑田明暢、福田茉莉、サトウタツヤ『TEA理論編・実践編』 »