« 新刊 楠見 孝・道田泰司『ワードマップ 批判的思考』 | トップページ | 書評 2015年1月23日週刊読書人掲載、青山陽子著『病いの共同体』 »

2015年1月23日 (金)

新刊  船越明子『ひきこもり』

9784788514188

船越明子 著

ひきこもり
――親の歩みと子どもの変化

四六判192頁並製
定価:本体1800円+税
発売日 15.1.25
ISBN 978-4-7885-1418-8

見本出来ました。1月27日配本です。
1月29日ごろ書店に並びます。

はじめに

   「どうしたらいいんだろう」って、本当に闇の真っ暗闇の中で、悪戦苦闘していました。その時点ではまだ何もわかっていなくて、特にうちの子の場合は自殺未遂の経験もあって。本当に親も真っ暗闇で、「本当にどうして」っていう感じで。(母)

 子どもが暗闇の中に入っちゃう。母親は一緒にその暗闇の中に入っちゃって何も見えなくなる。父親は(暗闇の)外から「あがって来いっ!!」て叫んでいる状態。「早くあがって来いよっ!!」って叫んでいる状態じゃなかったかな。(父)

 子どもが《ひきこもり》という状態になったときの気持ちを、《暗闇》と表現する親は少なくありません。「親が変われば子どもも変わる」とはよく聞く言葉 ですが、この《暗闇》からどのように抜け出して、どこに向かっていくのでしょうか?また、支援をする側は、どのように家族をサポートすれば、変化を生み出 すことができるのでしょうか?さらに、どのように親が変化すれば、子どもがどのように変わってくれるのでしょうか?この本では、ひきこもり青年を抱える家 族を取り巻くこうした問いについて、実際の家族の体験談を通してお答えしていきます。

    ・・・・・・

《もっと読む ひきこもり はじめに》

|

« 新刊 楠見 孝・道田泰司『ワードマップ 批判的思考』 | トップページ | 書評 2015年1月23日週刊読書人掲載、青山陽子著『病いの共同体』 »

新刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/61003552

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊  船越明子『ひきこもり』:

« 新刊 楠見 孝・道田泰司『ワードマップ 批判的思考』 | トップページ | 書評 2015年1月23日週刊読書人掲載、青山陽子著『病いの共同体』 »