« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月29日 (木)

重版 杉浦義典著『アナログ研究の方法』

杉浦義典 著『アナログ研究の方法』の重版が出来ました。


杉浦義典先生が1月7日の「ホンマでっかTV」でラウドネスをベースで弾いたのがきっかけでしょうか、急に客注が殺到、在庫が払底してしまいました。

しかし、本書、かなりの専門書ですので、どう対応したものかと逡巡したのち、重版を決定いたしました。かなりお待たせいたしましたが、本日出来です。

9784788511804杉浦義典 著
アナログ研究の方法
──臨床心理学研究法第4巻
A5判288頁
定価:本体3300円+税
発売日 09.9.15


臨床心理学研究法シリーズ第4巻。

はじめに

 筆者が大学生だった10年少々前と比較しても,臨床心理士養成を看板に掲げる大学院も増えて,大学の臨床心理学のカリキュラムは充実してきている。とはいえ,特に学部の学生はいろいろな焦りを感じているのではないだろうか。早く臨床的な実習をしたい,現場が見てみたい,等々。しかし,臨床実践には責任がともなうため,それほど早く現場に出てもらうわけにもいかないので,少なくとも大学院に入るまでは「おあずけ」である。このように待ち焦がれる学生の姿は,心理学科ではおなじみの光景である。筆者もそうであった。しかし,大学の教壇に立つ今,学部時代を待機期間ではなく,現場に出ていない今だからこそ学ぶべきことを学ぶ,充実した時間にして欲しいと切に願う。学生時代の気持ちを忘れたわけではないし,「立場が違うから」と割り切っているのでもなく,本当にそう思うようになった。人間の心は分からないことだらけである。臨床現場ではなおさらである。その暗闇を進むわずかな道しるべとして,科学的な研究は強力な味方である。現場に出る前に,最低限の羅針盤の使い方と地図の見方を身につけて欲しい。これは,具体的には認知心理学,社会心理学,発達心理学などの知見であったり,実験,調査,統計,面接などの研究手法である。

 本書で取り上げるアナログ研究とは,非臨床群(たとえば健常大学生など)を対象とした臨床心理学研究である。筆者にとって,科学的な基礎が重要だという主張が単なる「正論」ではなく実感になっているのは,卒業論文でアナログ研究に出会ったことが大きい。とりわけ若い学生の場合,臨床現場での研究を行うことは現実問題として難しい。だからといって,臨床的問題について知りたいという気持ちまであきらめる必要はない。筆者自身の卒論では,大学生を対象に強迫観念や抑うつ的な認知を測ってみた。因子分析で分類をしたところ,自分でも驚くほどきれいに分かれた(杉浦・丹野,1998a)。一方,それらの「症状」を予測する変数を見つける作業は困難を極めた。根が生えるほど長時間パソコンの前に座ってデータを解析したが,予測力は最後までいまひとつだった。分からないことを知る喜びと手ごわさを体感した。

 分からないものを少しでも分かるようになる喜びを実感しながらも,しかしまだまだ分からないことが次々に出てくることも実感できる。この過程の魅力にのめり込んだことで,研究は卒業資格を得る手段から自分の生活の中心になり,その後もアナログ研究を続けることになった。心の問題については誰もが一家言をもっている。だからこそ,自分が本当に目前の人のことを分かっているかを,ストイックに問い続ける必要がある。しかし,厳しい道ながらも決して投げ出してはならない。これを理解するための,実行可能な方法がアナログ研究だといえるだろう。臨床を知るためには具体的な生の体験が必要である。たとえ現場経験がなくとも「生の体験」を,手の届く範囲で始める方法がアナログ研究だといえる。臨床を目指す人は,臨床場面以外での人の生活も積極的に考察の対象にするのが望まれる。

 心理学の専門性は科学的なデータに基づいて議論をすることにある。これを「エビデンス・ベイスト(evidence-based)」,「実証的な(empirical)」などと形容する。興味深いことに,empirical は経験的という意味の単語である。しかし,実証主義はいわゆる日常的にいうところの「経験主義」への批判から出発したものである。長年現場経験を積んだ,という事実は重みがある。しかし,それに加えて実験法や調査法によって系統的に多数のデータを得ることを重視するのが実証主義である。アナログ研究であれば,たとえ現場経験が未だであっても,質の高い知を得る経験がいち早くできるのである。

 さらに,健常者を対象とすることからパーソナリティ心理学など他の領域と臨床心理学のつながりが見えやすくなるというのも,アナログ研究のもうひとつの利点といえる。本書で紹介される調査研究の手法や,感情に関する実験のテクニックは,臨床心理学以外を研究する人にとっても有益であろう。

 そのようなアナログ研究を知っていただき,そしてまたぜひ参加していただきたいというのが筆者の願いである。卒論や修士論文など機会はいくらでもあるだろう。やってみて分かる楽しみと手ごわさ。本書がそれに近づく道しるべになれば何よりである。

                                             杉浦義典

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月23日 (金)

書評 2015年1月23日週刊読書人掲載、青山陽子著『病いの共同体』

青山陽子 著 病いの共同体
の書評が、2015年1月23日付、「週刊読書人」書評に掲載されました。評者は武田徹氏。評者の先生、掲載紙ご担当者様にはこころよりお礼申し上げます。ありがとうございました。

・・・・・・ハンセン病が強い偏見の中にあり、迷惑を及ぼさないために家族と縁を切って入所する習慣があったために他に頼るものが一切なかった事情ももちろんあるが、微かな地縁にすがるようにして見ず知らずの者同士の付き合いが始まり、困った時に相互に助け合う間柄になってゆく。また療養所では恒常的な職員不足から軽症者に所内作業をさせていたが、そこもまた相互に役割を与え合う関係形成の場となった・・・・・・

私事で恐縮だが以前に刊行した拙著『隔離という病』で、水平的な人間関係を基本とする「都市的共同体」と、垂直的な権力関係で人々を束ねる「国家的共同体」の二極を理念型として共同体を議論し、ハンセン病療養所こそ都市的共同体の典型と書いたことがあった。それは必ずしも十分な調査時間を掛けられなかったジャーナリズムの急ぎ足の仕事だったが、筆者が拙速に下した結論を著者は丁寧な調査で裏付けてくれたと感じた。

 
 

 そしてコミュニティの存在確認に止まらない。著者はアルヴァックスの集団的記憶論を用いて更に分析を進めてゆく。他者と共通するイメージや観念を出発点とし、互いの相互作業を通じて、再認と同時に再構成されてゆく集団的記憶を支えた一つとして著者が注目するのがハンセン病資料館だ・・・・・・


9784788514126青山陽子 著

病いの共同体

A5判上製320頁
定価:本体3600円+税
発売日 14.11.13
ISBN 978-4-7885-1412-6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新刊  船越明子『ひきこもり』

9784788514188

船越明子 著

ひきこもり
――親の歩みと子どもの変化

四六判192頁並製
定価:本体1800円+税
発売日 15.1.25
ISBN 978-4-7885-1418-8

見本出来ました。1月27日配本です。
1月29日ごろ書店に並びます。

はじめに

   「どうしたらいいんだろう」って、本当に闇の真っ暗闇の中で、悪戦苦闘していました。その時点ではまだ何もわかっていなくて、特にうちの子の場合は自殺未遂の経験もあって。本当に親も真っ暗闇で、「本当にどうして」っていう感じで。(母)

 子どもが暗闇の中に入っちゃう。母親は一緒にその暗闇の中に入っちゃって何も見えなくなる。父親は(暗闇の)外から「あがって来いっ!!」て叫んでいる状態。「早くあがって来いよっ!!」って叫んでいる状態じゃなかったかな。(父)

 子どもが《ひきこもり》という状態になったときの気持ちを、《暗闇》と表現する親は少なくありません。「親が変われば子どもも変わる」とはよく聞く言葉 ですが、この《暗闇》からどのように抜け出して、どこに向かっていくのでしょうか?また、支援をする側は、どのように家族をサポートすれば、変化を生み出 すことができるのでしょうか?さらに、どのように親が変化すれば、子どもがどのように変わってくれるのでしょうか?この本では、ひきこもり青年を抱える家 族を取り巻くこうした問いについて、実際の家族の体験談を通してお答えしていきます。

    ・・・・・・

《もっと読む ひきこもり はじめに》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月19日 (月)

新刊 楠見 孝・道田泰司『ワードマップ 批判的思考』

9784788514140

楠見 孝・道田泰司 編

ワードマップ 批判的思考
――21世紀を生きぬくリテラシーの基盤

四六判304頁並製
定価:本体2600円+税
発売日 15.1.21
ISBN 978-4-7885-1414-0

見本出来ました。1月20日配本です。
1月23日ごろ書店に並びます。

はじめに

  本書は、批判的思考(クリティカルシンキング)とリテラシーに関する53個の基本ワードの解説を通して、21世紀を生きる市民のためのマップを描いたものです。
 まず、本書のタイトルにある二つのワード「批判的思考」と「リテラシー」をマップの定点とするために説明します。
 「批判的思考」は、「相手を非難すること」と誤解されることがあります。しかし、その本質は、証拠に基づいて論理的に考えたり、自分の考えが正しいかど うかを振り返り、立ち止まって考えたりすることにあります。ここでは、相手の意見に耳を傾けることが出発点であり、協同してより良い決定や問題解決をする ことを目的としています。したがって、相手を攻撃するためだけの批判は、批判的思考とはまったく逆のものです。
 「リテラシー」は批判的思考を用いて情報を読み解く能力です。私たちは、マスメディアやインターネットなどから膨大な情報を受け取っており、その中に は、信頼性が低い情報も含まれています。そうした情報の中から、私たちには、生きていくために必要な健康、法律、科学などの情報を取捨選択し、自ら考え、 判断することが要求されます。そのために欠かせないものが、市民リテラシーです。
 本書は、これらの二つの定点となるワードから、以下の三点を目的地としてマップを描きます。

 ① 21世紀の市民にとって、情報を読み解くリテラシーの重要性を伝え、それを支える批判的思考のしくみ・理論について

    ・・・・・・

《もっと読む ワードマップ 批判的思考 はじめに》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書評 2015年1月18日朝日新聞掲載、青山陽子著『病いの共同体』

青山陽子 著 病いの共同体
の書評が、2015年1月18日、朝日新聞書評欄に掲載されました。評者は原武史氏。評者の先生、掲載紙ご担当者様にはこころよりお礼申し上げます。ありがとうございました。

<……多磨全生園は、療養所である点では結核療養所と似ており、隔離された患者たちが暮らす集合住宅が何棟も建てられた点で団地と似ている。本書は、この療養所で患者たちが長年にわたりどのような文化を形成してきたのかを、多くの元患者へのインタビューを積み重ねることで初めて浮き彫りにした。

療養所内の最大の生活組織が患者自治会である。自治会は、執行委員会、評議委員会などからなる本格的なもので、執行委員会の下には厚生部、文化部などが置かれていた。すべての患者が入会するこの組織には広範な権限があり、療養所長をはじめとする施設との交渉に当たった。自治会の役員となった患者は、「みんなの奉仕者」として献身的に働いたという。……

9784788514126青山陽子 著

病いの共同体

A5判上製320頁
定価:本体3600円+税
発売日 14.11.13
ISBN 978-4-7885-1412-6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月14日 (水)

新刊 中村桂子『ひらく』

9784788514195

中村桂子 編/JT生命誌研究館発行

ひらく
――生命誌年刊号 Vol.77-80

A5判変型並製210頁
定価:本体2300円+税
              発売日 15.1.15
              ISBN 978-4-7885-1419-5

見本出来ました。1月15日配本です。
1月19日ごろ書店に並びます。

Hiraku_1_2Hiraku_2Hiraku_4Hiraku_5

はじめに

 「生命誌の扉をひらく ? 科学に拠って科学を超える」。一九九〇年に出したこの本に生命誌研究館への想いを綴りました。実際に、岡田節人先生を館長とする活動が始まったのが一九九 三年でしたので、二〇周年になりました。二〇一四年三月一日の記念の催しにあたり、まとめた活動記録を付録にしましたのでごらん下さい。幸い「生命誌の扉 をひらく」に書いた思いは、館の仲間の力で着実に進みました。今、二〇年という時間の重みを噛みしめています。

 そこで、次の扉をひらくための活動を始めようと、今年の動詞は「ひらく」にしました。「生命誌」という知、「研究館」という場の本質を変えようとは思い ません。けれども、この二〇年間に科学のありようも社会も大きく変わりましたので、それを踏まえて、「生命誌」をより高度に練り上げる新しい一歩を踏み出 す気持です。連続性を大切にしながら新しい扉を開きたいと思います。

    ・・・・・・

《もっと読む ひらく――生命誌年刊号 Vol.77-80 はじめに》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 8日 (木)

◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第147号■

2015年1月7日発行
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第147号■

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

◇トピックス
______________________________

◆お知らせ

書評など

2014年12月27日付朝日新聞Web Ronzaにて、ジュンク堂書店。福嶋聡氏に「今年の5冊」として、高橋文夫著『本の底力』をお取りあげいただきました。「シンプルながらいいタイトルだなと思ったのが、『本の底力』である・・・・・・」

2015年1月6日付朝日新聞文化欄
「弱さの強さ 成熟社会を生きる」 2妖怪と友だちと同調圧力の特集で、弊社森口佑介著『おさなごころを科学する』が、引用されています。
「実はそもそも子どもには、「見えないもの」が見える力がある。「・・・・・・子どもが、誰もいないところに話しかけているのを見たことがあるでしょうか」。上越教育大の森口佑介准教授(発達心理学)は著書『おさなごこ
ろを科学する』で問いかけた。そこにいるのは実在しない「空想の友だち」。日本人の10~15%、欧米は半数の子が持つとも言われる・・・・・・」

http://shin-yo-sha.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-ac23.html

◆フェアのお知らせ

心理学書販売研究会フェア
「心理学の最先端─今、最も読まれている本80選─」
を紀伊國屋書店新宿南店にて開催いたします。
場所 紀伊國屋書店新宿南店5階フェア台
期間:2014年12月26日─2015年2月13日
詳細はhttp://shinpanken.blogspot.jp/2014/12/blog-post.html

◆「心理学書、この1冊  2014年の収穫から」
を紀伊國屋書店新宿本店3階心理学棚にて
紀伊國屋書店新宿本店 × 心理学書販売研究会開催しております。
2014年12月20日~15年1月30日
詳細は http://shinpanken.blogspot.jp/2014/12/2014.html

いずれのフェアでも
弊社の心理学書も多数並んでおりますので、ぜひご覧ください。

______________________________

◇近刊情報
______________________________

1月下旬発売予定
------------------------------------------------------------
『ひきこもり』
──親の歩みと子どもの変化
------------------------------------------------------------

船越明子 著
四六判並製192頁・本体1800円+税
ISBN 978-4-7885-1418-8 C1037
分野=子育て・カウンセリング・看護

親が変われば子どもも変わるってホント?

子どもが「ひきこもり」になった時の気持ちを、「暗闇」と表現する親は少なくありません。「親が変われば子どもも変わる」とはよく聞くことばですが、親はこの「暗闇」からどのように抜け出して、どこに向かっていくのでしょうか? どのように親が変化すれば、子どもがどのように変わってくれるのでしょうか? また、支援をする側は、どのように家族をサポートすれば、変化を生み出すことができるのでしょうか? 苦しいのはひきこもりをしている本人だけではありません。この本は、ひきこもりの子どもを抱える親に焦点を合わせ、家族や支援者の実際の体験を通して、このような問いに答えます。著者は、三重県立看護大学准教授、子どものこころのケアに対する看護師の実践能力の向上を目的とするサイトを運営。

著者サイト 子どものこころのケアと看護
http://capsychnurs.jp/about/

1月下旬発売予定
------------------------------------------------------------
『ディープラーニング、ビッグデータ、機械学習』
──あるいはその心理学
------------------------------------------------------------

浅川伸一 著
A5判並製180頁・予価2400円+税
ISBN 978-4-7885-1422-5 C3011
分野=認知心理・脳科学・コンピューター

機械学習に未来はあるか?

インターネットが著しく発展し、膨大なデータを如何にして処理すべきかが問われるようになって、ビッグデータサイエンスに注目が集まるようになりました。大量の画像から「ネコ」を認識するニューラルネットワークがニューヨークタイムスのトップ記事になって話題を集めたのも記憶に新しいところです。ディープラーニングは大量のデータから情報を取捨選択して行動を決定している人間の情報処理過程に学びながら、性能を向上させてきました。機械学習に対して、心理学からどのような展望が描けるのでしょうか。機械学習から心理学へは、どのようなフィードバックが期待できるのでしょうか。本書は、ディープラーニングの基礎知識を懇切に解説したうえで、機械学習を心理学の見地から展望します。著者は、東京女子大学情報処理センター助手。

2月中旬発売予定
------------------------------------------------------------
『意識の神秘』 (仮題)
──心の哲学の見取図を書き直す
------------------------------------------------------------

ジョン・サール 著/菅野盾樹 監訳
四六判上製272頁・本体3200円+税
ISBN 978-4-7885-1421-8 C1010
分野=心の哲学・現代思想

論争をとおして現代哲学の最前線へ!

いま「心の哲学」、なかでも意識をめぐる哲学がおもしろい。脳科学の発展により、哲学の主役に躍り出たようです。デカルト以来の心身二元論は全く書き換えられようとしています。本書は、「デリダ─サール論争」などで知られるサールが、この分野の論客、F・クリック、エーデルマン、ペンローズ、デネット、チャーマーズなどの主著を取り上げて(さらには往復書簡などのやりとりもして)、心の哲学の錯綜する状況をわかりやすい見取図に書き直したものです。そのさい、論客たちの立場を二元論、唯物論(一元論)などに分類して批判し、「生物学的自然主義」の見地から、「心身問題」は間違った問題の立て方であり、意識は因果論的には物理的なものに還元できるが、存在論的には還元できないと自分の立場を明快に主張します。スリリングな論争を読みながら、心の哲学の最前線を俯瞰できる第一級の著作です。

2月下旬発売予定
------------------------------------------------------------
『坂口安吾の未来』 (仮題)
──危機の時代の文学
------------------------------------------------------------

宮澤隆義 著
四六判上製288頁・本体3200円+税
ISBN 978-4-7885-1420-1 C1095
分野=文学・評論

今またブームの予感!

戦後、坂口安吾が広く読まれた時期が三回あります。1940年代、60年代、90年代で、戦後の混乱期、学生運動の最盛期、冷戦終結後の国際体制の変動期に当たります。そして今また未曾有の危機に直面し、ブームの予感があります。危機的状況で繰り返し甦り、読み直される安吾の魅力とは? 本書は、よく知られた「日本文化私観」「堕落論」や「桜の森の満開の下」だけでなく、「通俗的」とされる「ジロリの女」「不連続殺人事件」、さらには「土の中からの話」などの小品までを取り上げて、そこに通底する安吾の文学の核心に、通説に囚われることなく大胆に迫ります。気鋭の意欲作です。

______________________________

◇編集後記

今年最初の新刊案内となります。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

さてこの正月休みですが、とくにどこにも行かず、まったく気分転換のできない正月休みとなりました。が、唯一やったことというと中学生になる子供が積読している重松清などの小説のまとめ読みでしょうか。これが、子どもの頃の感情を思いおこさせて、いやーな気分になるのです。そういう意味で久々に童心にかえり、実にリフレッシュしたともいえます。少々寝不足になりましたが、今年もなんとかやっていけるかも。  (N)
______________________________

◇奥付
______________________________

□電子メールマガジン:「新曜社<新刊の御案内> 」(不定期発行)
□HPアドレス http://www.shin-yo-sha.co.jp/
□blog:新曜社通信 http://shin-yo-sha.cocolog-nifty.com/
□twitterもよろしく:http://twitter.com/shin_yo_sha
□このメルマガは『まぐまぐ』を利用して発行しています。
□購読・解除・変更手続きは http://www.mag2.com/ より行って下さい。
□掲載された内容を許可無く転載することを禁じます。
□発行:株式会社新曜社 営業部
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-9 第一丸三ビル
電話  03(3264)4973(代)
FAX 03(3239)2958
e-mail info@shin-yo-sha.co.jp
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
次回発行は2015年2月上旬を予定しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 6日 (火)

書評 森口佑介 著『おさなごころを科学する』

2015年1月6日付朝日新聞文化欄
「弱さの強さ 成熟社会を生きる」 2 妖怪と友だちと同調圧力   (高津祐典氏 記事)
の特集で、弊社森口佑介著『おさなごころを科学する』が、とりあげられています。




「・・・・・・子どもが、誰もいないところに話しかけているのを見たことがあるでしょうか」。上越教育大の森口佑介准教授(発達心理学)は著書『おさなごころを科学する』で問いかけた。そこにいるのは実在しない「空想の友だち」。日本人の10~15%、欧米は半数の子が持つとも言われる。

空想の友だちは物語世界を彩ってきた。「となりのトトロ」はサツキとメイの空想の友だち。「E.T.」はスティーブン・スピルバーグ監督が子どもの頃の空想の友だち。妖怪の座敷童も、昔から子どもの空想の友だち―。

なぜ実在しない友だちをつくるのか。森口さんは「他者と交わる大事な訓練」と分析した。「親から離れ、自分の社会をもつときに生まれやすいようです」
空想の友だちは、現実の友だちと遊ぶようになると消える。日本ではその前に「普通と違う」とやめさせることも多いという・・・・・・」

9784788513747

森口佑介 著

おさなごころを科学する

四六判上製320頁
定価:本体2400円+税
発売日 14.3.10
ISBN 978-4-7885-1374-7











| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »