« 新刊 渡辺 靖『現代アメリカ』 | トップページ | ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第144号■ »

2014年10月 7日 (火)

新刊 日本記号学会『着ること/脱ぐことの記号論』

9784788514102

日本記号学会 編

着ること/脱ぐことの記号論

A5判242頁並製
定価:本体2800円+税
発売日 14.10.10
ISBN 978-4-7885-1410-2

見本出来ました。10月9日配本です。
10月14日ごろ書店に並びます。

刊行によせて

 日本記号学会会長 吉岡 洋

服を着るのは必要なことだろうか? そんなの当たり前じゃないかと、ほとんどの人は答えるだろう。もしも服を着ないで外を歩いたら、たちまち好奇の眼にさ らされ、たぶん警察を呼ばれるだろうし、悪くするとテレビや新聞で晒しものになる。だいいち、寒くて風邪をひくではないか。服は必要にきまっている。

でも、ちょっと考えてみてほしい。服が必要不可欠にみえるのは、服を着ることが当たり前とされる社会に私たちが生きているからである。動物は服を着ない し、私たちの遠い祖先も服を着ていなかった。根本的な意味においては、服を着るのは必要ではなく、生きるためには本来しなくてもいいこと、ひとつの「過 剰」にほかならないのである。

衣服を身につけることは、人間がみずからの身体を「自然」から区別する行為である。

    ・・・・・・

《もっと読む 着ること/脱ぐことの記号論 刊行によせて》

|

« 新刊 渡辺 靖『現代アメリカ』 | トップページ | ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第144号■ »

新刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/60432941

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊 日本記号学会『着ること/脱ぐことの記号論』:

« 新刊 渡辺 靖『現代アメリカ』 | トップページ | ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第144号■ »