« 新刊 徃住彰文・村井源『量から質に迫る』 | トップページ | 新刊 岡田美智男・松本光太郎『ロボットの悲しみ』 »

2014年7月28日 (月)

新刊 苧阪直行『自己を知る脳・他者を理解する脳』

9784788513976

苧阪直行 編

自己を知る脳・他者を理解する脳

四六判上製320頁+カラー口絵15頁
定価:本体3600円+税
発売日 14.7.25
ISBN 978-4-7885-1397-6

見本出来ました。7月30日配本です。
8月1日ごろ書店に並びます。

自己を知る脳・他者を理解する脳への序
─自他の境界の脳内パズルを解く

 本書のテーマは自己と他者である。自己は他者なしには考えられないし、他者も自己なしでは考えられない。デカルトの「われ思う、ゆえにわれあり」という 言明に対して、まさに「われ思う、ゆえに他者あり」あるいは「他者あり、ゆえにわれ思う」と言えそうだ。認知脳科学の進展は、自己と他者のかかわりを社会 脳の視点から理解しようとする試みを生みだしつつある。冒頭で述べた「ゆえに他者あり」という表現のうちの他者を社会と置き換えてみてもよい。本巻はこの 視点から社会的存在としての脳を、自己と他者の間で相互に照らし出す冒険を行う。この冒険の醍醐味は、自他の境界の脳内パラドックスを解きほぐすことにあ る。自分のことは自分が一番よく知っているという人がいるが、本当にそうであろうか? 本巻で探る諸テーマでは自分を知ることは他者を理解することより難 しいということを、社会脳の視点から検討している。自己と他者がどのような脳内表現をもつのかは、永遠の知的興味あふれるテーマである。

    ・・・・・・

《もっと読む 自己を知る脳・他者を理解する脳への序》

|

« 新刊 徃住彰文・村井源『量から質に迫る』 | トップページ | 新刊 岡田美智男・松本光太郎『ロボットの悲しみ』 »

新刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/60040885

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊 苧阪直行『自己を知る脳・他者を理解する脳』:

« 新刊 徃住彰文・村井源『量から質に迫る』 | トップページ | 新刊 岡田美智男・松本光太郎『ロボットの悲しみ』 »