« 紹介 金菱清著『新 体感する社会学』 6月29日付朝日新聞 | トップページ | 書評 馬場公彦著 『現代日本人の中国像』 »

2014年7月 4日 (金)

新刊 川野健治・八ッ塚一郎・本山方子『物語りと共約幻想』

9784788513853

川野健治・八ッ塚一郎・本山方子 編

物語りと共約幻想

四六判並製192頁
定価:本体1700円+税
発売日 14.7.15
ISBN 978-4-7885-1385-3

見本出来ました。7月10日配本です。
7月14日ごろ書店に並びます。

はじめに

 「人は理解しあえるはずだ、理解をめざすべきだ」という願望、あるいは倫理的命題が、質的心理学を駆動する。その一方、質的心理学を支える理論や、具体的な調査の経験は、「理解には根本的な困難がつきまとう」という共約不可能性の問題を痛感させる。

 質的心理学は、こうした矛盾や対立を、むしろ必須のダイナミズムとしている。これをさらに、質的研究の共有する「方法」的な規準へと高めることはできないだろうか。

 物語りに耳を傾けることは、語りに巻き込まれ、当初の研究目的や方針を根底から揺るがされることでもある。研究者としての物語りを揺るがされ、異なる地 平に連れ出される経験。そのうえで、記述の仕方や解釈の方法を次々と考えなおし、二度三度と語りの場に立ち戻る経験。重なり合う謎と困難と揺らぎを抱え、 絶え間なく模索を続けるプロセスこそが、質的心理学の「正しい」方法のはずだ。

    ・・・・・・

《もっと読む 物語りと共約幻想 はじめに》

|

« 紹介 金菱清著『新 体感する社会学』 6月29日付朝日新聞 | トップページ | 書評 馬場公彦著 『現代日本人の中国像』 »

新刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/59920774

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊 川野健治・八ッ塚一郎・本山方子『物語りと共約幻想』:

« 紹介 金菱清著『新 体感する社会学』 6月29日付朝日新聞 | トップページ | 書評 馬場公彦著 『現代日本人の中国像』 »