« 書評 森口佑介著『おさなごころを科学する』 | トップページ | 記事 山口裕之著『コピペと言われないレポートの書き方教室』 »

2014年6月19日 (木)

短評 馬場公彦著『現代日本人の中国像』

9784788513860馬場公彦 著

現代日本人の中国像

A5判上製402頁
定価:本体4200円+税
発売日 14.5.9
ISBN 978-4-7885-1386-0

の短評が、6月8日、日本経済新聞に掲載されました。掲載紙ご担当者さま、ありがとうございました。こころよりお礼申し上げます。

4年前に出た『戦後日本人の中国像』の続編。1972年の日中国交正常化まで日本の論壇で中国がどう語られたかを精査した前著に対し、復興から92年の天皇訪中までを検証する。浮かび上がるのは、89年の天安門事件をきっかけに日本人の中国観が大きく変わったこと。台湾に関する議論が特に90年代に活発になったのも印象的だ。72年以前と比べると、中国に関する文章を発表する人が中国の専門家に限られるにようなったと指摘する。

|

« 書評 森口佑介著『おさなごころを科学する』 | トップページ | 記事 山口裕之著『コピペと言われないレポートの書き方教室』 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/59841874

この記事へのトラックバック一覧です: 短評 馬場公彦著『現代日本人の中国像』:

« 書評 森口佑介著『おさなごころを科学する』 | トップページ | 記事 山口裕之著『コピペと言われないレポートの書き方教室』 »