« 新刊 宮田久美子『暮らしの中の色彩学入門』 | トップページ | 書評 森口佑介著『おさなごころを科学する』 »

2014年6月16日 (月)

新刊 金菱清『震災メメントモリ』

9784788513891

金菱清 著

震災メメントモリ

四六判上製240頁
定価:本体2400円+税
発売日 14.6.20
ISBN 978-4-7885-1389-1

見本出来ました。6月20日配本です。

6月23日ごろ書店に並びます。

あとがき

 この三年間ピンと張りつめた空気のなかにいたと言っていい。あるいは拭い去ることのできない緊張感と言っていいかもしれない。そのような緊張感のなかで 震災に関わる多くの人の力が筆を執らせてくれたと言っても過言ではない。それは今も継続している。震災前から交誼のあった方々のなかにも亡くなった方が多 くいて、その中から考えざるをえなかったし、導いてくれたと思っている。同時にまだまだ震災のもつ裾野の広さと深さに届いていないところがたくさんあるこ とが、研究の上でも、また実践の上でも重くのしかかっていることは確かである。

 三年が経ち、当初一丸となって震災に立ち向かうはずの「日本丸」という船は、沈没しかかっている。「まだ震災のことなのか」という外の空気と「まだまだ スタートにもつけていない」という現場の空気がまるで寒気流と暖気流のようにぶつかりあい、不協和音を起こしつつある。本書は、後者の被災者の嘆きを通し て、前者の忘却しようとする人びとに対して、災害列島に生きる人間のわがこととして震災を考えられるような考察を心掛けてきた。

    ・・・・・・

《もっと読む 震災メメントモリ あとがき》

|

« 新刊 宮田久美子『暮らしの中の色彩学入門』 | トップページ | 書評 森口佑介著『おさなごころを科学する』 »

新刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/59825231

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊 金菱清『震災メメントモリ』:

« 新刊 宮田久美子『暮らしの中の色彩学入門』 | トップページ | 書評 森口佑介著『おさなごころを科学する』 »