« 書評 日比嘉高 著『ジャパニーズ・アメリカ』 | トップページ | ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第141号■ »

2014年5月29日 (木)

書評 森口佑介 著『おさなごころを科学する』

9784788513747森口佑介 著

おさなごころを科学する

四六判上製320頁
定価:本体2400円+税
発売日 14.3.10
ISBN 978-4-7885-1374-7

が、「日経サイエンス」2014年7月号にて紹介されました。
評者は森山和道氏。



・・・・・・特に面白いのは第三部「異なる乳幼児」だ。脳は発達とともに徐々に機能を特化させていく。それはほかの領域との関連で決まるらしい。単に未熟なのではない。乳幼児は大人とは異なった心の世界を持っているかもしれない。著者は、子ども時代に一部の人に現れる「空想の友達」も適応の一つとして捉えることができるのではないかと述べている。幼児は空想の友達が実在するとは思っていないが、リアリティを感じているのだという。「存在しない行為者の想定」は大人の心でも起こる。ヒトの心を理解するために目を通しておきたい一冊である・・・・・

評者の先生、掲載誌ご担当者様にはこころよりお礼申し上げます。ありがとうございました。

|

« 書評 日比嘉高 著『ジャパニーズ・アメリカ』 | トップページ | ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第141号■ »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/59725378

この記事へのトラックバック一覧です: 書評 森口佑介 著『おさなごころを科学する』:

« 書評 日比嘉高 著『ジャパニーズ・アメリカ』 | トップページ | ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第141号■ »