« 新刊 阿部純一郎『<移動>と<比較>の日本帝国史』 | トップページ | 新刊 遠藤野ゆり・大塚類『あたりまえを疑え!』 »

2014年4月15日 (火)

新刊 竹元秀樹『祭りと地方都市』

9784788513839

竹元秀樹 著

祭りと地方都市

A5判上製384頁
定価:本体5800円+税
発売日 14.4.20
ISBN 978-4-7885-1383-9

見本出来ました。4月17日配本です。

4月21日ごろ書店に並びます。

祭りと地方都市 あとがき

 本書は、二〇一二年九月に法政大学より博士(政策科学)の学位を授与された論文「地域社会における地縁的な共同性形成の現代的解明」を、「二〇一三年度  法政大学大学院博士論文出版助成金対象」の採択を受けて刊行するものである。刊行にあたっては博士論文を全面的に加除訂正した。本書各章のもとになった 論文は次の通りである。各論文とも加除訂正を施したので、初出通りのものはない。ここに記載のない章は博士論文において書き下ろした。なお、本書の中の関 連する箇所に一部同一の記述があるが、強調のための反復であることをお断りしておく。

第2章、第3章、第7章 「地域社会における地縁的な共同性形成の現代的解明」『法政大学大学院紀要』第六四号 二〇一〇年

第4章 「地方都市における近隣祭りの持続と変容」『法政大学大学院紀要』第六七号 二〇一一年

第5章 「自発的地域活動の生起・成長要因と現代的意義」『地域社会学会年報』第二〇集 二〇〇八年

 本書の舞台となった都城市は私の故郷である。とはいっても小学校までしか暮らしていない。中学・高校は宮崎市の学校に進学し、大学は東京へ出て東京で就 職し、それ以来ずっと東京・横浜で暮らし今日に至っている。したがって、自分の故郷と三五年ぶりに研究の対象として向き合うことになったわけだが、フィー ルドワークを進めていくうちにまず気づいたことは、いかにそれまでの地域特性の理解が表面的であったかということである。

    ・・・・・・

《もっと読む 祭りと地方都市 あとがき》

|

« 新刊 阿部純一郎『<移動>と<比較>の日本帝国史』 | トップページ | 新刊 遠藤野ゆり・大塚類『あたりまえを疑え!』 »

新刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/59445496

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊 竹元秀樹『祭りと地方都市』:

« 新刊 阿部純一郎『<移動>と<比較>の日本帝国史』 | トップページ | 新刊 遠藤野ゆり・大塚類『あたりまえを疑え!』 »