« 新刊 子安増生・仲真紀子『こころが育つ環境をつくる』 | トップページ | 新刊 苧阪直行『報酬を期待する脳』 »

2014年3月 6日 (木)

新刊 森口佑介『おさなごころを科学する』

9784788513747

森口佑介 著

おさなごころを科学する

四六判上製320
定価:本体2400円+税
発売日 14.3.10
ISBN 978-4-7885-1374-7

見本出来ました。3月7日配本です。

3月10日ごろ書店に並びます。

 本書は、子ども観についての本とは異なります。最大の違いは、筆者の専門が発達心理学である点です。発達心理学は、人間の心が生涯を通じていかに変化していくかを扱う学問です。特に、筆者は、乳幼児の認知機能を科学的に検討しています。ここでの科学的とは、再現性や反証可能性を持ち、哲学者伊勢田博士が言うように、研究対象を、最も信頼できる手段を用い、慎重に調べることと定義します。本書はこの定義に基づき、乳幼児の認知機能を扱う試みが、どのように変遷を遂げていったかを紹介します。

「子ども観」の研究は、比較的広い範囲の子どもを扱っている印象がありますが、本書で扱うのは、主に乳幼児です。乳幼児は十分に言葉が発達していないので、自分の考えや気持ちを直接的に表現することはできません。また、かつて私たちは乳幼児であったにもかかわらず、その頃のことを覚えていません。そのため、かつては、乳幼児は知ることも、考えることもできないとされていました。このような乳幼児が実際には何を考えているのかを調べることは、非常にエキサイティングな試みなのです。

>>>>>はじめに もっと読む

|

« 新刊 子安増生・仲真紀子『こころが育つ環境をつくる』 | トップページ | 新刊 苧阪直行『報酬を期待する脳』 »

新刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/59236339

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊 森口佑介『おさなごころを科学する』:

« 新刊 子安増生・仲真紀子『こころが育つ環境をつくる』 | トップページ | 新刊 苧阪直行『報酬を期待する脳』 »