« 書評 中山元著『ハンナ・アレント〈世界への愛〉』 | トップページ | ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第137号■ »

2014年2月 3日 (月)

紹介 『後知恵』マーク・フリーマン 著/鈴木聡志 訳

9784788513686

マーク・フリーマン 著/鈴木聡志 訳

後知恵

四六判上製296頁・定価:本体3200円+税
発売日 14.1.20
ISBN 978-4-7885-1368-6

の紹介が、2月2日、日本経済新聞「読者欄」に掲載されました。



過去のことを振り返ることで生まれる「後知恵」。予見不可能であったことを可能であったと思いがちな、一般的には否定的にとらえられる思考だ。これを米国の心理学者が分析。後知恵が自身への理解を深め、道徳的生活を形作るのに不可欠だと、効用を強調しているところが興味深い。文章は読みやすくはないが、ホロコーストを生き延びた人々やその2世、さらには自身に関する実例を引き合いに、精緻に検証している・・・・・・。

自分もこういう紹介文を書きたいんですけど、と思うほどのご紹介をいただきました。ご担当者様にはこころよりお礼申し上げます。

|

« 書評 中山元著『ハンナ・アレント〈世界への愛〉』 | トップページ | ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第137号■ »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/59063146

この記事へのトラックバック一覧です: 紹介 『後知恵』マーク・フリーマン 著/鈴木聡志 訳:

« 書評 中山元著『ハンナ・アレント〈世界への愛〉』 | トップページ | ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第137号■ »