« 書評 古田徹也 著『それは私がしたことなのか』 | トップページ | 今年もどうぞよろしくお願い申し上げます »

2014年1月 6日 (月)

書評 ヴァカン 『ボディ&ソウル』

9784788513198

ロイック・ヴァカン 著
田中研之輔・倉島哲・石岡丈昇 訳

ボディ&ソウル

四六判上製416頁・定価4515円
発売日 13.2.1
ISBN 978-4-7885-1319-8

の紹介が、12月29日付 日本経済新聞書評欄回顧2013 私の3冊」に掲載されました。評者は藤島大氏。

・・・・・・黒人ゲットーの拳闘ジムにフランス人社会学者が入門、その論考の記録である(本書)も、スポーツを利用して時の潮流に乗る安易さを拒む。当事者かつ観察者の視点は学問の枠を超えてボクシングそれ自体の透徹へと至った・・・・・・

評者の先生に心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

評者・藤島氏「今年の3冊」他2点の書籍は、

『教える力』 (井村雅代著、新潮社)

『アナキストサッカーマニュアル』 (ガブリエル・クーン著、現代企画室)

|

« 書評 古田徹也 著『それは私がしたことなのか』 | トップページ | 今年もどうぞよろしくお願い申し上げます »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/58894355

この記事へのトラックバック一覧です: 書評 ヴァカン 『ボディ&ソウル』:

« 書評 古田徹也 著『それは私がしたことなのか』 | トップページ | 今年もどうぞよろしくお願い申し上げます »