« 書評 ヴァカン 『ボディ&ソウル』 | トップページ | 新刊 中村桂子『変わる』 »

2014年1月 9日 (木)

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます

2014newyear

2014年、今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

今年の干支、午にちなんだものがなにかないかということで、探していたところ、自宅の卓上からこんな切手がポロリとでてきました。

少々不鮮明なのですが、上の部分には
「ADVENTURE OF BARON MUNCHHAUSEN」という英文があります。また下の部分にはなんとなくアラビア語を思わせる語、「10Dh」というのがこの切手の価格で、Dhを調べると「ディルハム」、アラブ首長国連邦の切手であることがわかりました。

さきの英文ですが、これは、ミュンヒハウゼンというと「ミュンヒハウゼン症候群」のミュンヒハウゼンかしら? バロンというと、男爵。ミュンヒハウゼン男爵、すなわち「ほら吹き男爵の冒険」の男爵です(このミュンヒハウゼン男爵は、実在の歴史上の人物です)。

この切手のなかの馬の半分はないので、水をいくら飲んでも、外に出て行ってしまいます。「ほら吹き男爵の冒険」のなかにこんな逸話があるのでしょうか。そしてなぜこれがアラブ首長国連邦の切手に使われているのでしょうか? 謎解きのために近いうち『ほら吹き男爵の冒険』を読み直してみることにしましょう。

さてここで思い出したのがテリー・ギリアム監督の映画「バロン」です。この映画は『冒険』をもとにしています。映画上映当時、かなり高額な製作費で話題になって、興行はそれほど成功したとは言えない映画だったかと思いますが、こちらもまた観なおしてみたくなるほんとうにいい映画です。信じて開けてみなさい、そうすれば・・・・・・、そんな最後のシーンが感動的です。

ということで、今年も本の力を信じて開いてみる、そんな一年にしたいと思います。(N)


|

« 書評 ヴァカン 『ボディ&ソウル』 | トップページ | 新刊 中村桂子『変わる』 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/58912313

この記事へのトラックバック一覧です: 今年もどうぞよろしくお願い申し上げます:

« 書評 ヴァカン 『ボディ&ソウル』 | トップページ | 新刊 中村桂子『変わる』 »