« プレスリリース 新曜社 SAGE社 社会科学分野テキストの共同出版にて提携 | トップページ | Google プレイス登録 弊社引っ越し編 »

2013年11月11日 (月)

熊谷高幸著『タテ書きはことばの景色をつくる』

9784788513570

熊谷高幸 著

タテ書きはことばの景色をつくる

四六判並製184頁・定価1995円
発売日 13.10.3
ISBN 978-4-7885-1357-0 の紹介が

「新文化」2013年10月24日付、「注目! この本」に掲載されました。

「日本に住んでいると、容易に気づかないことがある。我われにとって身近な「タテ書き」が、絶滅の危機に瀕しているというのもそのひとつだ。

グローバル化でヨコ書きへのシフトが進み、中国や韓国も約半世紀前にタテ書きを廃止。タテ書きを用いているのは今や、世界でも日本など限られた地域である。そこでもスマホ、PCなどの普及が、タテ書き駆逐に拍車をかけている。

そんな状況に、強い危機感で一石を投ずる、『タテ書きはことばの景色をつくる』(熊谷高幸著、1900円)が、10月3日に新曜社から刊行された。

著者は自閉症の研究者だが、ここ数年、心理学的視点や手法を用いた日本語の研究にも携わり、一昨年上梓した『日本語は映像的である』(新曜社)は、斬新な日本語論として反響を呼んだ。前者から必然的に生まれたテーマが「タテ書き」だった。・・・・・・

掲載紙ご担当者の方には心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

|

« プレスリリース 新曜社 SAGE社 社会科学分野テキストの共同出版にて提携 | トップページ | Google プレイス登録 弊社引っ越し編 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/58556260

この記事へのトラックバック一覧です: 熊谷高幸著『タテ書きはことばの景色をつくる』:

« プレスリリース 新曜社 SAGE社 社会科学分野テキストの共同出版にて提携 | トップページ | Google プレイス登録 弊社引っ越し編 »