« 書評 村上宣寛『ハイキング・ハンドブック』@岳人 2013年9月号 | トップページ | 第2回「公認モチベーション・マネジャー」Basic資格認定試験実施日決定 »

2013年9月19日 (木)

書評 古田徹也 著『それは私がしたことなのか』

9784788513440

古田徹也 著
それは私がしたことなのか

四六判280頁・定価2520円
発売日 13.8.2
ISBN 978-4-7885-1344-0

の紹介が「北國新聞」「山梨日々新聞」ほかに2013/9/8付けにて掲載されました。

交通事故を起こし「君のせいではない」と慰められたとする。その言葉通りに何事もなかったかのように振る舞えば、周りは不信を抱くだろう。

意図しないで起こることと、意図的に行うことの違いは何か。誰にでも分かる哲学書を目指す本書は、「行為とは何か」を多様な角度から考え哲学という営みの意義を伝える。

行為の意図や意図的な行為、行為の全体像を考察。自分がしたことへの後悔や、当事者が追う「傷」を受け止めつつ、公平な視点を取り入れて論点を探る倫理学へと導く

掲載紙ご担当者さまに心よりお礼申し上げます。ありがとうございます。

|

« 書評 村上宣寛『ハイキング・ハンドブック』@岳人 2013年9月号 | トップページ | 第2回「公認モチベーション・マネジャー」Basic資格認定試験実施日決定 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/58223912

この記事へのトラックバック一覧です: 書評 古田徹也 著『それは私がしたことなのか』:

« 書評 村上宣寛『ハイキング・ハンドブック』@岳人 2013年9月号 | トップページ | 第2回「公認モチベーション・マネジャー」Basic資格認定試験実施日決定 »