« 新刊 やまだようこ・麻生 武ほか 『質的心理学ハンドブック』 | トップページ | 新刊 上淵 寿・フィールド解釈研究会 『フィールド心理学の実践』 »

2013年9月 3日 (火)

書評 村上宣寛『ハイキング・ハンドブック』@山と渓谷 2013年9月号

9784788513389

村上宣寛 著

ハイキング・ハンドブック

四六判並製320頁・定価2730円
発売日 13.6.4
ISBN 978-4-7885-1338-9

の書評が、「山と渓谷」9月号/2013年に掲載されました。
待望の書評です。

評者はあの「野宿野郎」編集長のかとうちあき氏です。

・・・・・・第一章の「準備」では〈ハイキングとは何か〉から始まり、第2章「歩く装置」では消耗しない歩き方、第3章「荷物を背負う」や第5章「夜を過ごす」では、効果的なバックパッキング術やテントの選び方など、勉強になることばかり。

まるで講義のような内容ですが、日頃勉学とは無縁な人間でも、飽きることなく通読できます。それはおそらく、著者の好みやこだわりが随所に顔を出すから。第6章「何を食べるべきか」で栄養学に基づき話を進める一方、「美味しい」「食べられたものではない」なんて急に実感が込められたり・・・・・・

ためになるだけでなく、科学とこだわりの絶妙なバランスが類なき本です。

|

« 新刊 やまだようこ・麻生 武ほか 『質的心理学ハンドブック』 | トップページ | 新刊 上淵 寿・フィールド解釈研究会 『フィールド心理学の実践』 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/58121815

この記事へのトラックバック一覧です: 書評 村上宣寛『ハイキング・ハンドブック』@山と渓谷 2013年9月号:

« 新刊 やまだようこ・麻生 武ほか 『質的心理学ハンドブック』 | トップページ | 新刊 上淵 寿・フィールド解釈研究会 『フィールド心理学の実践』 »