« 新刊 小林秀樹『居場所としての住まい』 | トップページ | 新刊 大沢 昇『ワードマップ 現代中国』 »

2013年8月 6日 (火)

新刊 古田徹也『それは私がしたことなのか』

9784788513440

古田徹也 著

それは私がしたことなのか

四六判280頁・定価2520円
発売日 13.8.2
ISBN 978-4-7885-1344-0

8月2日配本、そして発売です。

 それは私がしたことなのか 目次

はじめに

第1章 行為の意図をめぐる謎
1-1 「手をあげる」-「手があがる」=?
1-2 出来事を引き起こす心の働きとは何か
1-3 意図をめぐる問題―そもそも意図とは何か
1-4 機械の中の幽霊―ライルによる物心二元論批判
1-5 機械の―「心→脳」と巻
1-6 決定論を支持するかに見えたる一科学的な知見の検討
コラム① 心身問題の行方

第2章 意図的行為の解明
2-1 意図と信念の諸特徴
2-2 心をめぐる「一人称権威」は何を意味するのか
2-3 心の「隠蔽説」を超えて
2-4 行為の理由と原因
2-5 心は身体の中には存在しない
2-6 意図せざる行為の存在
コラム② 現代の英語圏の行為論の流れ


第3章 行為の全体像の解明
3-1 意図性の薄い行為―やむをえない行為、他人からの強制に従う行為
3-2 意図せざる行為①―「悪質な過失」について
3-3 意図せざる行為②―「純然たる過失」について
3-4 意図せざる行為③―悲劇と行為者性
3-5 意図せざる行為の全体像
3-6 行為の全体像
コラム③ 共同行為について


エピローグ 非体系的な倫理学へ
あとがき
索引

装幀――気流舎図案室

    ・・・・・・

《もっと読む それは私がしたことなのか》

|

« 新刊 小林秀樹『居場所としての住まい』 | トップページ | 新刊 大沢 昇『ワードマップ 現代中国』 »

新刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/57938441

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊 古田徹也『それは私がしたことなのか』:

« 新刊 小林秀樹『居場所としての住まい』 | トップページ | 新刊 大沢 昇『ワードマップ 現代中国』 »