« 紹介 中山弘明 著 第一次大戦の〈影〉 | トップページ | 新刊 小林秀樹『居場所としての住まい』 »

2013年7月30日 (火)

◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第132号■

2013年7月29日発行
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第132号■

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

◇トピックス
___________________________________

●お知らせ

弊社、7月8日より引っ越しいたしました。
千代田区神田神保町3-9 第一丸三ビル3階
電話、ファックス変更ございません。

営業部出荷業務は現住所のままです。

●フェア
「心理学解体真書150冊 - 読んで身に付くコミュニケーション」
紀伊國屋書店梅田店・人文・社会科学カウンター前特設フェア台にて
8月19日から9月8日まで開催いたします。

●書評

中山弘明著『第一次大戦の〈影〉』 が、
7月26日付週刊読書人「2013年上半期の収穫から」にて、その一冊としてと
りあげられました。選者は石原千秋氏。
http://shin-yo-sha.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/post-70f2.html

村上宣寛著『ハイキング・ハンドブック』の書評が、
「PEAKS」8月号/2013年に掲載されました。待望の専門誌書評です。
評者はあの『ウルトラライトハイキングギア』の寺澤英明氏です。
http://shin-yo-sha.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/peaks20138-e1b9.html

佐藤雅浩 著『精神疾患言説の歴史社会学 』の書評が、
週刊読書人 2013年7月12日号に掲載されました。評者は江口重幸氏。
http://shin-yo-sha.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/2013712-1ec9.html

井山弘幸著『パラドックスの科学論』 の書評が、
7月7日付産経新聞に掲載されました。評者は池内了氏。
http://shin-yo-sha.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/post-264c.html

●おわび

申し訳ございません。4月刊行予定にしておりました、
「叢書 戦争が生みだす社会」 

2巻 引揚者の戦後  の発売が遅れております

発売予定は8月中旬となります。
定期にてご注文いただいております、書店さま、お客さまにはご迷惑をおかけ
いたします。心よりお詫び申し上げます。

また3巻 米軍基地文化につきましては現在、発売日未定となっております。

叢書 戦争が生みだす社会(全3巻) 内容詳細
http://shin-yo-sha.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-a128.html

___________________________________

◇近刊情報
___________________________________

8月中旬発売予定
----------------------------------------------------------------------
『注意をコントロールする脳』
──神経注意学からみた情報の選択と統合
----------------------------------------------------------------------

苧阪直行 編
四六判上製304頁+カラー口絵2頁 定価3360円(税込)
ISBN 978-4-7885-1352-5 C1040
分野=脳科学・心理学・哲学

◆社会脳シリーズ3
社会脳シリーズ第3巻の配本です。私たちの生活は、注意を払わなければなら
ない事物にとりかこまれています。道を歩くにも、本を読むにも、ご飯を食べ
るのにも、注意を払わなくてはなりません。注意を向けるとはどのようなこと
かは、誰でも知っていますが、では、注意は、脳のどのようなメカニズムによ
って担われているのでしょうか? 本書では視覚的な注意を中心に、最新の脳
科学の知見を、研究の方法を含めて、第一線の研究者が分かりやすく解説して
います。9月には続いて、第4巻『美しさと共感を生む脳』を刊行します。

社会脳シリーズ(苧阪直行 編)
http://www.shin-yo-sha.co.jp/series/social_brain.htm

8月中旬発売予定
----------------------------------------------------------------------
『心理学における現象学的アプローチ』
──理論・歴史・方法・実践
----------------------------------------------------------------------

アメデオ・ジオルジ 著/吉田章宏 訳
A5判上製304頁・定価3570円(税込)
ISBN 978-4-7885-1351-8 C3011
分野=質的心理学・現象学

◆現象学を心理学に適用する具体的方法論

質的心理学の興隆と共に、現象学に大きな関心が寄せられています。しかし哲
学としての現象学は難解である上に、これまで心理学に適用する具体的な方法
論が開発されていませんでした。本書は、厳密に科学的な現象学に基礎づけら
れた、哲学とは区別される心理学のアプローチはどのようなものであるかを、
初めて明快に説いた待望の書です。人間を研究する如何なる社会科学にも適用
できる、十分に一般的な現象学的アプローチの基礎理論から具体的方法までが、
一冊にまとめられており、現象学の初心者にもお勧めできる一冊です。

8月中旬発売予定
----------------------------------------------------------------------
『語り─移動の近代を生きる』(仮題)
──あるアルゼンチン移民の肖像
----------------------------------------------------------------------

辻本昌弘 著四六判上製232頁・定価2730円(税込)
ISBN 978-4-7885-1353-2 C1011
分野=質的心理学・伝記・移民

◆体験を通して立ち現れる近代

本書は、戦前の沖縄に生まれ、本土で十代を過ごし、アルゼンチンに渡ったあ
る男性の私的な語りです。偉人でも、立志伝中の人物でもありません。ある移
民の、個人的な体験です。しかしその語りからは、十九世紀の琉球処分、二十
世紀の総力戦争、さらに二十一世紀を生きるアルゼンチンの日系人にまで及ぶ、
近代という時代が鋭く立ち現われます。近代という時代は、決して抽象的に捉
えることはできません。時代は一人一人の個人の生き方の中に現れるのであり、
また個人は、時代の中に埋め込まれているのです。本書は一つの優れた個人史
の記述であると同時に、聴くこと─語ることを通して人間と時代に迫る質的研
究の可能性をも豊かに示しています。著者は、東北大学准教授。

9月上旬発売予定
----------------------------------------------------------------------
『質的心理学ハンドブック』

----------------------------------------------------------------------

やまだようこ・麻生 武ほか 編
A5判上製600頁・予価4830円(税込)
ISBN 978-4-7885-1354-9 C1011
分野=心理学・社会学・看護学

◆質的心理学会10周年記念出版!

質的心理学は、従来の量的な研究とは異なる発想に立って、人々の行動をその
文脈や意味に即してとらえる学問です。心理学だけではなく、社会学、人類学、
哲学、医学、看護学、教育学、保育学、文学、歴史学、経済学など他の多くの
人間科学と連動しつつ、学問横断的に急速に発展しています。近年の質的研究
に関する本の増加が端的に示しているように、研究者ばかりでなく、学生たち
の関心もますます高まってきました。本書は、日本質的心理学会が総力を挙げ
て編纂した、日本初のハンドブックです。この新しい学問である質的研究や質
的心理学の「ものの見方」「方法論」の特徴を明確にするとともに、「実践性」
を重んじて、それによって実際に何ができるのかを具体的に示しました。初学
者から専門家まで、座右において常時参照するにふさわしい一冊です。

9月上旬発売予定
----------------------------------------------------------------------
『フィールド心理学の実践』
──インターフィールドの冒険
----------------------------------------------------------------------

上淵 寿・フィールド解釈研究会 編
A5判並製230頁・予価2625円(税込)
ISBN 978-4-7885-1355-6 C1011
分野=質的心理学

◆タテマエではわからない質的研究の実際問題!

近年の質的心理学への関心の高まりと共に、質的心理学の理論や方法論の解説
書が数多く刊行されていますが、実際のフィールド研究では、教科書には書か
れていない重大問題に遭遇します。研究者は何者としてフィールドに関わるの
か? 生じているのは誰にとっての「問題」なのか? 解釈の基盤とは? 本
書は、タテマエ論だけでは済まないズレやとまどいに満ちた現場研究を、ただ
の研究者たちの体験談としてではなく、理論的な考察をくわえながら、インタ
ーフィールドという複眼的視点で具体的実践に即して掘り下げた類のない本で
す。特に初心者には必携の実践的入門書です。

___________________________________

◇奥付
___________________________________

□電子メールマガジン:「新曜社<新刊の御案内> 」(不定期発行)
□HPアドレス http://www.shin-yo-sha.co.jp/
□blog:新曜社通信 http://shin-yo-sha.cocolog-nifty.com/
□twitterもよろしく:http://twitter.com/shin_yo_sha
□このメルマガは『まぐまぐ』を利用して発行しています。
□購読・解除・変更手続きは http://www.mag2.com/ より行って下さい。
□掲載された内容を許可無く転載することを禁じます。
□発行:株式会社新曜社 営業部
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-9 第一丸三ビル
電話  03(3264)4973(代)
FAX 03(3239)2958
e-mail info@shin-yo-sha.co.jp
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
次回発行は2013年8月下旬を予定しております。

|

« 紹介 中山弘明 著 第一次大戦の〈影〉 | トップページ | 新刊 小林秀樹『居場所としての住まい』 »

新刊案内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/57894293

この記事へのトラックバック一覧です: ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第132号■:

« 紹介 中山弘明 著 第一次大戦の〈影〉 | トップページ | 新刊 小林秀樹『居場所としての住まい』 »