« 受賞 平石典子 煩悶青年と女学生の文学誌 | トップページ | 新刊 ユーリア・エンゲストローム『ノットワークする活動理論』 »

2013年5月30日 (木)

新刊 村上宣寛『ハイキング・ハンドブック』

9784788513389

村上宣寛 著

ハイキング・ハンドブック

四六判並製320頁・定価2730円
発売日 13.6.4
ISBN 978-4-7885-1338-9

見本出来ました。5月31日配本です。

6月4日ごろ書店に並びます。

はじめに

 ハイキングや登山の世界では、経験の積み重ねがものをいう世界なので、どうしても個人的経験の重さが増す。また、著名なハイカーや登山家の著作の影響力が大きい。これは、日本でもアメリカでも同じである。
 私は、偶然にアメリカのPCTのメーリングリストに参加した。そこで、感じたことは、ほぼすべての事柄に「私の場合は上手くいった」という限定詞が付くことだった。一般性のある知識なのか、個人に限定される知識なのか、判断が難しい。
 ハイキングや登山の世界で、広く信じられている事柄をリストアップしておこう。

・靴1ポンドの重さは背中の荷物5ポンドに相当する。
・ブーツの足首のサポートは不十分で、ブーツを履いた人の方がシューズを履いた人よりケガが多い。
・マメは摩擦熱で生じる。
・マメを防ぐには、アルコールで足を毎日拭くとよい。
・荷物の重さを半分にすると、歩ける距離が飛躍的に伸びる。
・荷物が軽ければ軽いほど、安全である。
・ケガを防ぐには、ハイキングの前に入念なストレッチを行うとよい。

 靴の重さの影響はコリン・フレッチャーが『遊歩大全』に記述し、その後、軽量シューズやブーツを販売する時のキャッチフレーズに使われた。靴の重さと消費エネルギーの関係は、スポーツ科学の専門家による実験研究があるので、第二章や第三章で詳しく書いておいた。

    ・・・・・・

《もっと読む ハイキング・ハンドブック はじめに》

|

« 受賞 平石典子 煩悶青年と女学生の文学誌 | トップページ | 新刊 ユーリア・エンゲストローム『ノットワークする活動理論』 »

新刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/57488842

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊 村上宣寛『ハイキング・ハンドブック』:

« 受賞 平石典子 煩悶青年と女学生の文学誌 | トップページ | 新刊 ユーリア・エンゲストローム『ノットワークする活動理論』 »