« お知らせ・近刊 江森一郎『体罰の社会史 新装版』 | トップページ | ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第129号■ »

2013年4月22日 (月)

書評 讀賣新聞2013/4/21 戦後社会の変動と記憶

叢書「戦争が生みだす社会」 1巻

荻野 昌弘 編
戦後社会の変動と記憶の紹介を
2013年4月21日付讀賣新聞書評にてご紹介いただきました。評者は開沼博氏。

9784788513235

荻野 昌弘 編

戦後社会の変動と記憶

四六判上製320頁・定価3780円
発売日 13.2.25
ISBN 978-4-7885-1323-5

・・・・・・敗戦によって生じた大量の引き揚げ者は地域別の人口構成に大きな変化を引き起こし、戦後社会の行方に強い影響を与えた。同様に、無用となった広大な軍用地には、戦後「平和産業都市」に転用された例などあるが、その基本的な構造、水道や病院、道路網など軍のために作られた施設が現在に至るまで街の姿を規定する例もある。戦争がつくった空間のあり方が現代にも深く爪痕を残しているのだ。・・・・・・

戦争体験者が減る中、私たちはいかに戦争を考え続けられるのか。その手がかりがここにあるのかもしれない。

評者の先生、掲載紙ご担当者に心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

シリーズのご紹介

|

« お知らせ・近刊 江森一郎『体罰の社会史 新装版』 | トップページ | ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第129号■ »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/57223856

この記事へのトラックバック一覧です: 書評 讀賣新聞2013/4/21 戦後社会の変動と記憶:

« お知らせ・近刊 江森一郎『体罰の社会史 新装版』 | トップページ | ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第129号■ »