« 新刊 日本発達心理学会、田島信元・南徹弘『発達心理学と隣接領域の理論・方法論』 | トップページ | 書評 中山弘明 著 第一次大戦の〈影〉 »

2013年3月19日 (火)

紹介 ヴァカン 『ボディ&ソウル』

9784788513198

ロイック・ヴァカン 著
田中研之輔・倉島哲・石岡丈昇 訳

ボディ&ソウル

四六判上製416頁・定価4515円
発売日 13.2.1
ISBN 978-4-7885-1319-8

の紹介が、3月17日付 朝日新聞書評欄「扉」に掲載されました。評者鈴木京一氏。

ロイック・ヴァカン 著『ボディ&ソウル』は社会学者がボクサーになった記録だ。1980年代末、著者はシカゴの黒人居住区の日常を研究するため、ジムに入門する。3年半にわたって通ううち関心は地域社会の分析よりも、ボクサーの身体経験へと向かう・・・・・・スパーリングや試合の体験を詳細に描写しており、痛みや音の感覚もつたわってくる。

掲載紙ご担当者、評者の先生に心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

|

« 新刊 日本発達心理学会、田島信元・南徹弘『発達心理学と隣接領域の理論・方法論』 | トップページ | 書評 中山弘明 著 第一次大戦の〈影〉 »

自著を語る&紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/57008074

この記事へのトラックバック一覧です: 紹介 ヴァカン 『ボディ&ソウル』:

« 新刊 日本発達心理学会、田島信元・南徹弘『発達心理学と隣接領域の理論・方法論』 | トップページ | 書評 中山弘明 著 第一次大戦の〈影〉 »