« 新刊 ロイック・ヴァカン『ボディ&ソウル』 | トップページ | 書評 久米 博 著 テクスト世界の解釈学 »

2013年2月 1日 (金)

書評 相沢直樹 著 『甦る「ゴンドラの唄」』

9784788513112

相沢直樹 著
『甦る「ゴンドラの唄」』
四六判上製336頁・定価3360円
発売日 12.11.20
ISBN 978-4-7885-1311-2

の書評が、「沖縄タイムス」2013年1月26日付に掲載されました。
評者は佐藤剛氏。

評者の先生、掲載誌ご担当者さまに、心よりのお礼を申し上げます。ありがとうございました。

・・・・・・本書では、史実を丹念に調べながら、「いのち短し、恋せよ少女」の歌詞で知られる「ゴンドラの唄」の誕生の経緯がひもとかれる。そして発表から30年以上の歳月を経て、黒沢明の映画「生きる」に使われたことによって、忘れられていた歌が復活して生き返った事実を検証する。さらには歌が映画に採用されるに至った経緯を掘り下げ、映画史に残る名作誕生の秘密にまで迫っていく。

・・・・・・

「ゴンドラの唄」が生まれた背景から今日までを丁寧に論じることで、継承による創造という、大衆文化の持つ未来への可能性を見いだす点には、特に共感を抱いた。

山陰中央新聞、徳島新聞、神戸新聞、北国新聞、富山新聞ほかで同書評掲載

|

« 新刊 ロイック・ヴァカン『ボディ&ソウル』 | トップページ | 書評 久米 博 著 テクスト世界の解釈学 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/56674269

この記事へのトラックバック一覧です: 書評 相沢直樹 著 『甦る「ゴンドラの唄」』:

« 新刊 ロイック・ヴァカン『ボディ&ソウル』 | トップページ | 書評 久米 博 著 テクスト世界の解釈学 »