« 新刊 ヤーン・ヴァルシナー『新しい文化心理学の構築』 | トップページ | 書評 根ヶ山光一著 『アロマザリングの島の子どもたち』  »

2013年1月16日 (水)

記事 中山弘明 著 『第一次大戦の〈影〉』

9784788513150

中山弘明 著
『第一次大戦の〈影〉』
――世界戦争と日本文学
四六判上製336頁・定価3360円
発売日 12.12.14
ISBN 978-4-7885-1315-0

の紹介が、2013年1月13日 信濃毎日新聞に掲載されました。掲載紙ご担当者さま、ありがとうございました。

第一次大戦が終わった後、坪内逍遙は意欲的にページェント運動に取り組む。ページェントとは大衆を動員した演劇、音楽、舞踊の総合芸術イベント。彼はこれをデモクラシーの実践、世界戦争の代用物と位置付けた。が、著者はこれが戦争回避ではなく、総動員体制の基盤をつくってしまう皮肉を指摘する。・・・・・・未来戦記や新聞、講談、短歌などの言説が、いかに戦争とかかわったか・・・・・・

|

« 新刊 ヤーン・ヴァルシナー『新しい文化心理学の構築』 | トップページ | 書評 根ヶ山光一著 『アロマザリングの島の子どもたち』  »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/56553984

この記事へのトラックバック一覧です: 記事 中山弘明 著 『第一次大戦の〈影〉』:

« 新刊 ヤーン・ヴァルシナー『新しい文化心理学の構築』 | トップページ | 書評 根ヶ山光一著 『アロマザリングの島の子どもたち』  »