« 紹介 佐藤卓己・渡辺靖・柴内康文 編 ソフト・パワーのメディア文化政策 | トップページ | 新曜社 第9回 出版梓会新聞社学芸文化賞  受賞いたしました »

2012年12月10日 (月)

書評 浅野光紀 著 非合理性の哲学

9784788512962

 ・・・・・・本書は、まさしく、人間の内面と外面との間の関係、とりわけ、その間に生じる食い違いを、主題として論じています。最初の三章では、イソップの「酸っぱいブドウ」の例を引いて語られることの多い、いわゆる「自己合理化」という問題が扱われます。そこでは、行動を引き起こす自らの意志の問題は、幾分棚上げにして、自分の行動の結果が、自分にとって思わしくないときに、それを「合理化」してしまう人間の性向がテーマになります。著者は・・・・・

毎日新聞:今週の本棚

浅野光紀 著
非合理性の哲学
――アクラシアと自己欺瞞
の書評が毎日新聞 12月9日付/2012年に掲載されました
評者は村上陽一郎氏。

四六判上製402頁・定価3990円
発売日 12.07.06
 評者の先生、掲載紙ご担当者さまに心よりお礼申し上げます。
ありがとうございました。





|

« 紹介 佐藤卓己・渡辺靖・柴内康文 編 ソフト・パワーのメディア文化政策 | トップページ | 新曜社 第9回 出版梓会新聞社学芸文化賞  受賞いたしました »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/56291648

この記事へのトラックバック一覧です: 書評 浅野光紀 著 非合理性の哲学:

« 紹介 佐藤卓己・渡辺靖・柴内康文 編 ソフト・パワーのメディア文化政策 | トップページ | 新曜社 第9回 出版梓会新聞社学芸文化賞  受賞いたしました »