« 新刊 中山弘明『第一次大戦の〈影〉』 | トップページ | 書評 中村桂子 編 遊ぶ――生命誌年刊号vol.69─72 »

2012年12月23日 (日)

書評 杉本章吾著 『岡崎京子論』

杉本章吾 著
岡崎京子論――少女マンガ・都市・メディア

の書評が12月23日/2012年 日本経済新聞に掲載されました。

・・・・・・これまでの研究は、岡崎京子の登場の衝撃や作品の鮮烈さゆえ、どうしても記憶に引っ張られがちだった。著者のような世代が、どう分析していくか。83年生まれの評者には、特に興味深い試みであった。・・・・・・

メディアが造成したイメージ・記号に日常が溢れていく状況、そして、そこに生きる少女・女性達を、アイロニカルに、だけど決して批判的ではなく、相対的な眼差しで岡崎は描いていた。著者の読み解きは、作品にあらたな見方を与えてくれた。

また、本書の目的は、それだけにとどまらない。80年代以降、少女マンガは、多様な方向に細分化したが、岡崎は、サブカル誌、青年誌など、ジャンルを問わず作品を発表した女性マンガ家の先駆けである。そんな彼女を「少女マンガの臨界」の作家に位置づけて論じたことは、今もなお十分に手がつけられていない80年代以降の少女マンガ研究に先鞭をつけた。その意味でもたいへんな成果だ。

評者は倉持佳代子氏。 評者の先生、掲載紙ご担当者さまに心よりお礼申し上げます。
ありがとうございました。

9784788513068

四六判上製384頁・定価3570円
発売日 12.10.24
978-4-7885-1306-8

|

« 新刊 中山弘明『第一次大戦の〈影〉』 | トップページ | 書評 中村桂子 編 遊ぶ――生命誌年刊号vol.69─72 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/56391263

この記事へのトラックバック一覧です: 書評 杉本章吾著 『岡崎京子論』:

« 新刊 中山弘明『第一次大戦の〈影〉』 | トップページ | 書評 中村桂子 編 遊ぶ――生命誌年刊号vol.69─72 »