« 新刊 日本発達心理学会、根ヶ山光一・仲真紀子『発達の基盤:身体、認知、情動』 | トップページ | 新刊  安田裕子『不妊治療者の人生選択』 »

2012年9月19日 (水)

新刊  サトウタツヤ・若林宏輔・木戸彩恵『社会と向き合う心理学』

9784788513051


サトウタツヤ・若林宏輔・木戸彩恵 編
社会と向き合う心理学

A5判並製340頁・予価2940円
発売日 12.09.25
ISBN 978-4-7885-1305-1

見本出来ました。9月25日配本です。9月28日ごろ書店に並びます。

  序章 この本が伝えたいこと

 1 この本が伝えたい「心の仕組みを知ること」の大切さ    

この本は,私たちが社会と向き合い,生きていくうえで大切な心理学について書かれています。伝えたいことが2つあります。まず第一に,心理学の内容です。もう1つは,もっと根本的なことですが,私たちの行動の仕組みを知ることによって,1人ひとりがより良く生きてほしいということです。ここで「良く」という価値が語られますが,私たちがイメージする「良い」とは,「人が生きていくことを邪魔されない」「理不尽に生命を奪われない」ということを根本に置く「良さ」です。このことを逆から表現すると,「誰かに人生を邪魔される人がいる」し,「理不尽にも生命を奪われている人がいる」ということです。  

この本の読者の多くは思春期の方でしょうから,その例をあげてみましょう(思春期が終わった方は,甘酸っぱい思い出として思い起こしてください)。  

同じクラスにいるクラスメート,自分より可愛くて(頭が良くて,でも,手先が器用で,でも何でもいいのですが)人気があるから,ちょっと懲らしめてやろう。  自分が好きな人,それなのに,全然振り向いてくれない。きっと自分のことを知らないからだろう。もっと自分のことを知ってほしいのに,相手にもされない。チクショー,自分が苦しいのはアイツのせいだ,アイツさえ居なければ私(オレ・アタシ)はもっと楽になるはずだ。消してしまえ。  

このような気持ちは,人生のうちで一度くらいは胸に沸き起こる邪念だと思います。そして,こうした思いがあったとしても,何とか堪えて,日々を送っているのだと思います。しかし,なかには,そのバランスが崩れて,人を中傷したり,本当に傷つけたりしてしまう人もいます。  

自分の思いにとらわれて人を憎み続けたり,その結果として相手の人が傷つけられたりするなら,本当に不幸なことです。こうした行動も,人の心の仕組みに沿って行われているのです。ですから,そうした仕組みを知ることによって,不幸な結末を少しでも少なくできればと思います。  

一昔前の心理学のテキストには「心理学は行動の科学である。行動を記述し制御し予測する学問である」というようなことが書かれていましたが,その目的については書かれていませんでした。ですから,心理学者の知見が,他国を侵略するための政治に使われてしまったりしたのです。心理学が科学であると威張ったところで,それが用いられて人が死んでいるのでは,何のための学問なのか疑問です。手塚治虫の有名なマンガ『鉄腕アトム』ではないですが,原子力は平和利用のみ,というような指針こそが重要なのだと思われます(ちなみに,日本の科学者・技術者がロボットを含む科学技術の軍事利用に消極的なのは,『鉄腕アトム』の影響が大きいといわれています)。  

・・・・・・

《もっと読む 社会と向き合う心理学 序章》

|

« 新刊 日本発達心理学会、根ヶ山光一・仲真紀子『発達の基盤:身体、認知、情動』 | トップページ | 新刊  安田裕子『不妊治療者の人生選択』 »

新刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/55696437

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊  サトウタツヤ・若林宏輔・木戸彩恵『社会と向き合う心理学』:

« 新刊 日本発達心理学会、根ヶ山光一・仲真紀子『発達の基盤:身体、認知、情動』 | トップページ | 新刊  安田裕子『不妊治療者の人生選択』 »