« 新刊 浅野光紀 著 『非合理性の哲学』 | トップページ | 新刊 目黒依子・矢澤澄子・岡本英雄 編『揺らぐ男性のジェンダー意識』 »

2012年7月 5日 (木)

新刊 海野弘 著『二十世紀美術1900-2010』

9784788512979

海野弘 著
二十世紀美術 1900-2010


四六判288頁・定価2520円
発売日 12.05.25
ISBN 978-4-7885-1297-9

見本出来ました。7月9日配本です。7月11日ごろ書店に並びます。

 二十一世紀は二つ目のデケイド(十年)に入ったが、まだ先は見えない。しかも二十世紀の記憶は早くも失われはじめている。とりあえず、二十世紀のアートの年代記をまとめ、新しい時代に伝えたいと思った。

 すでにこの〈ワードマップ〉シリーズで海野弘・小倉正史『現代美術─アール・ヌーヴォーからポストモダンまで』(一九八八年)がある。うれしいことに版を重ねてきたが、すでに半世紀が過ぎ、その後のアートについて増補したいと編集部から求められていた。

 そのつもりで考えてみたが、二十一世紀に入っており、せっかくなら、すべて新しく書き直すことにした。構成としては、デケイド(十年)で区切り、一九〇〇年から二〇一〇年までを十一の章とし、各章を、展望を含む十のキーワードで語っていくことにした。

 この方法は、いくつかの主流を中心に語るこれまでの美術史ではなく、時代の全体をとらえて、時代のうねりを感じ取ってもらいたいと思ったからである。

 デケイドで区切ってみると、主流以外の思いがけない動きが見えてきた。特に二十世紀後半になると、これまでの〈アート〉ではとらえられない現象が増えてきて、単純な系統図からはみ出してしまう。デケイドならそれらを丸ごと括っていくのに便利であった。

 二十世紀のアートを丸ごととらえたいというのはとんでもない試みで、一人では無謀であったが、ともかく自分の生きてきた世紀を、もう一度たどり直していくのは楽しい仕事であった。
・・・・・・

《もっと読む 二十世紀美術1900-2010 あとがき》

|

« 新刊 浅野光紀 著 『非合理性の哲学』 | トップページ | 新刊 目黒依子・矢澤澄子・岡本英雄 編『揺らぐ男性のジェンダー意識』 »

新刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/55126346

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊 海野弘 著『二十世紀美術1900-2010』:

« 新刊 浅野光紀 著 『非合理性の哲学』 | トップページ | 新刊 目黒依子・矢澤澄子・岡本英雄 編『揺らぐ男性のジェンダー意識』 »