« テレビ 『3.11慟哭の記録』編者金菱清 先生 登場 | トップページ | 広告 12年7月23日付 朝日新聞サンヤツ »

2012年7月19日 (木)

◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第121号■

2012年7月18日発行 メール版 第121号
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第121号■

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
___________________________________

◇トピックス
___________________________________


●書評

D.A.ノーマン 著 野島久雄 訳
『誰のためのデザイン?』が、朝日新聞 6月17日付読書欄「ニュースの本棚 
■ゲーミフィケーション」にとりあげられました。評者は吉田寛氏。
http://shin-yo-sha.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-67be.html


鈴木登美・十重田裕一・堀ひかり・宗像和重 編
『検閲・メディア・文学──江戸から戦後まで』が東京新聞夕刊2012年6月
12日「大波小波」に取りあげられました。
http://shin-yo-sha.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-2c77.html


高橋修 著『主題としての〈終り〉』の書評が2012年6月10日上毛新聞(共同通信
配信)に書評掲載されました。評者は山本善行氏。
http://shin-yo-sha.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-3161.html


●お知らせ
心理学専門書を刊行する有志出版社15社で活動しております「心理学書販売研
究会。昨年作成いたしました「心理学を学ぼう!」の残部が、少々あります。
http://shinpanken.blogspot.jp/2011/05/blog-post_25.html

ご興味のある方、メールにてお知らせください。お送りいたします。
sale※shin-yo-sha.co.jp ※を@に変更お願いします

___________________________________

◇近刊情報
___________________________________


7月下旬発売予定
----------------------------------------------------------------------
『ソーシャルグラフの基礎知識』
──繋がりが生み出す新たな価値 
----------------------------------------------------------------------
春木良且 著
A5判並製176頁・定価1890円(税込)
ISBN 978-4-7885-1298-6 C1036
分野=情報科学・ネットワーク分析・インターネット


◆ソーシャルメディア理解の鍵

Facebook開発の発端は、ザッカーバーグが、同じ学校の女子生徒の顔写真とプ
ロフィールが欲しいと思ったことだそうです。男子生徒なら誰でも考えそうな
ことですが、今や9億人以上がユーザーとなりました。他にも MixiやTwitter
が人気を集めていますが、これらはソーシャルメディアといわれます。どれも、
ネット上の人々の繋がりに関わっているからです。ソーシャルグラフは、こう
いう繋がりのネットワークを表現したものをいいます。ソーシャルメディアと
いうのは、ひとくちで言えば、様々な形でソーシャルグラフを作ったり、使っ
たり、分類・整理したりするシステムにすぎません。本書は、ソーシャルメデ
ィア理解の鍵であるソーシャルグラフの実態、機能、抽出、応用について、基
礎概念から理論までを分かりやすく解説した入門書です。著者は、フェリス女
学院大学教授。 




8月上旬発売予定
----------------------------------------------------------------------
『戦場へ征く、戦場から還る』
──火野葦平、石川達三、榊山潤の描いた兵士たち
----------------------------------------------------------------------
神子島健(かごしま たけし) 著
A5判上製560頁・定価5460円(税込)
ISBN 978-4-7885-1300-6 C1030
分野=近現代史・近代文学・社会学


◆「戦争をする」とはどういうことか

戦後65年、戦争待望論が若い人の間からも出るようになりました。アンチ格差
社会として夢見られている面もあるようですが、現実の戦争はどのようなもの
だったのでしょうか。本書は一般の人間が兵士として召集され、戦場に征き、
戦闘をし、負傷を負い、還ってくるまでを、小説のなかに探ったものです。
『麦と兵隊』『土と兵隊』で爆発的な人気を誇った火野葦平、『生きてゐる兵
隊』で戦争の実態を描いて発禁をくらった石川達三、戦争の日常をニヒリステ
ィックに描いた榊山潤などの、戦場から復員までの小説をたどって、「兵士で
あること」「一般人に戻ること」の実際と困難を根底から描きます。復員兵、
傷痍軍人、戦争未亡人問題など、戦争は始めるのは簡単だが、終えるのは大変
だということが痛感されます。戦争・戦場・銃後を初めてトータルに捉えた、
気鋭の社会学者による力作「戦場論」です。




8月下旬発売予定
----------------------------------------------------------------------
『カルチュラル・インターフェースの人類学』(仮)
──
----------------------------------------------------------------------

前川啓治 編
A5判並製264頁・予価2520円(税込)
ISBN 978-4-7885-1301-3 C1039
分野=文化人類学・民俗学・現代思想


◆元気が出る民族誌の実践

いま人類学に元気がありません。ポストモダンをへて従来のやり方が通用しな
くなったこと、グローバル化により人類学が対象とする社会が変容したことな
どがあるようです。さらには、クリフォードの民族誌の書き方への根底的批判
─「部分的真実」(フィールドワーク)をいくら積み重ねても「全き真実」に
は到達できない─も大きいようです。一見もっともですが、本書は、それらに
あえて抗論し、「部分的真実」を積み重ねても「全き真実」に到達できる、新
しいフィールドワークの対象はいくらでもある(開発、宗教運動など)と考え
て新しい民族誌を目指します。その際のキイワードは「インターフェース」。
従来の研究が一つの民族・文化のなかで閉じていたのが、文化と文化の「間」、
その影響関係に注目するのです。そこから新しい魅力的なフィールドが生まれ、
新しい民族誌が誕生します。「元気が出る民族誌」の実践です。




8月下旬発売予定
----------------------------------------------------------------------
『二つのこころと一つの世界』
──
----------------------------------------------------------------------

坂野 登 著
四六判上製240頁・定価2940円(税込)
ISBN 978-4-7885-1299-3 C3011
分野=心理学・認知科学・脳科学


◆こころの世界を眺める新たなパラダイム

愛するこころと憎むこころ、喜ぶこころと悲しむこころ、女心と男心……など
など、相対立し矛盾する二つのこころから成り立っているように見える、私た
ち人間のこころ。心理学はこれまでこういったさまざまなこころの世界の両極
を実証的に明らかにしてきましたが、著者はさらに、脳科学と進化論的な適応
行動の知見を取り入れた観点により、これらさまざまな二つのこころの様相を
統一的にとらえることができるというアイディアを、丹念な実証の中で導きま
した。これまでとは異なるまったく新しいパラダイムから、新たなこころの世
界がみえる一冊です。著者は京都大学名誉教授。



|

« テレビ 『3.11慟哭の記録』編者金菱清 先生 登場 | トップページ | 広告 12年7月23日付 朝日新聞サンヤツ »

新刊案内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/55229361

この記事へのトラックバック一覧です: ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第121号■:

« テレビ 『3.11慟哭の記録』編者金菱清 先生 登場 | トップページ | 広告 12年7月23日付 朝日新聞サンヤツ »