« ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第120号■ | トップページ | 記事  検閲・メディア・文学 鈴木登美・十重田裕一・堀ひかり・宗像和重 編 »

2012年6月11日 (月)

高橋修 著 『主題としての〈終り〉』

9784788512832 橋修 著 『主題としての〈終り〉』の書評が2012年6月10日上毛新聞(共同通信配信)に書評掲載されました。評者は山本善行氏。

「・・・・・・本書の特徴としては、物語の終わりを、形態的な見方だけでなく、文化史的社会史的にも考えようとしているところにある。〈終り〉には、テクストの外部にある、その時代の空気や想像力が深く関わっているという考えである。〈終り〉のあり方にこそ同時代のイデオロギーや発想の枠組みが集中的に現れているのだと言われてみると、確かに興味深く、大きくうなずける。

者が、このような視点から各作品の生まれた時代を調べ、あるいは関係する日記を引用し、またテクストに戻ってくるところなど、謎解きの興味も加わって、文学研究の醍醐味を感じることができた。・・・・・・」


者の先生、掲載紙ご担当者さまに心よりお礼申し上げます。
りがとうございました。

|

« ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第120号■ | トップページ | 記事  検閲・メディア・文学 鈴木登美・十重田裕一・堀ひかり・宗像和重 編 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/54935040

この記事へのトラックバック一覧です: 高橋修 著 『主題としての〈終り〉』:

« ◎新曜社<新刊の御案内>■メール版 第120号■ | トップページ | 記事  検閲・メディア・文学 鈴木登美・十重田裕一・堀ひかり・宗像和重 編 »