« 新刊 『ワードマップ 状況と活動の心理学』 | トップページ | 新刊 谷みどり 著 消費者の信頼を築く »

2012年5月 2日 (水)

記事 川上清文 高井清子 川上文人 著 『ヒトはなぜほほえむのか』

9784788512863 「笑顔とは」赤ちゃんから探る
讀賣新聞 2012年4月29日付 くらし・教育欄「なっとく科学の1冊」に

川上清文 高井清子 川上文人 著
『ヒトはなぜほほえむのか』

――進化と発達にさぐる微笑の起源

がとりあげられました。


・・・・・・・ことほど左様に一筋縄ではいかない「笑顔」は、人間の深層を探る入り口として、長く心理学の研究対象になってきた。「ヒトはなぜほほえむのか」は、笑顔の意味を探究するため、その起源に迫った。研究対象は俗世に染まっていない赤ちゃんたち。興味深い現象が次々と見つかった。

 生後一ヶ月以内の新生児を連続撮影で記録したら、「アハハ」と声を出して笑っていた。超音波診断装置で撮影すると、お母さんのおなかの中で胎児がほほ笑んだ。対人関係で表れたのではなく、純粋に内面からわき出る邪気のない自発的なほほえみ、笑い・・・・・・


|

« 新刊 『ワードマップ 状況と活動の心理学』 | トップページ | 新刊 谷みどり 著 消費者の信頼を築く »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191157/54611921

この記事へのトラックバック一覧です: 記事 川上清文 高井清子 川上文人 著 『ヒトはなぜほほえむのか』:

« 新刊 『ワードマップ 状況と活動の心理学』 | トップページ | 新刊 谷みどり 著 消費者の信頼を築く »